里親に引き取られるも再び引き離された犬。悲しみを湛え、涙を流す表情に胸が締め付けられる


大切な誰かとの別れを受け入れることは、簡単なことではありません。

それは人間だけでなく、動物たちにとっても同じことです。

突然さよならを告げられた動物は、言葉が通じない分人間以上の悲しみを抱えなければなりません。

今回ご紹介する保護犬もまた、里親とのつらく悲しい別れを経験しました。

突然のさよなら

2歳のピットブル犬「アストラ」も、つい先日悲しい別れを迎えました。

テスト期間が終わり、2ヶ月間預かってもらっていた里親さんのもとから、動物病院へと戻ることになったのです。

マンションのエレベーターで一緒になる犬と、どうしてもそりが合わなかったアストラ。

犬に対して強いストレスを感じていたアストラが心配だけど、とても引っ越すことはできないという里親さんの苦渋の決断でした。

アストラを想ってのこととはいえ、アストラにはなぜ里親さんと引き離されるのかがわかりません。

アストラは、突然のさよならを告げて去っていく里親さんを、車の中から呆然と見つめていました。

今まで幸せだった世界が崩れ落ちた瞬間です。

純粋なアストラの心は、悲しみで引き裂かれてしまいました。

「もう会えないの・・・?」

ひどく落ち込み、文字通り涙を流していたというアストラ。

その悲しみを隣で一番に感じ取ったボランティアスタッフも、込み上げる涙を抑えることが出来なかったと言います。

すると、誰よりもつらい思いをしているはずのアストラが、優しく手を舐めてなぐさめてくれたのだとか。

すっかり心を打ち砕かれたボランティアスタッフは、涙を流しながら地面に膝をつき、アストラの背中をただ優しくなでてあげるのが精いっぱいだったそうです。

里親さんにも事情があったことは理解できますが、もしアストラが人間の子供であったならばどうしていたでしょうか。

動物を飼うということは、一つの命を家族に迎えるということです。

それがペットであっても、自身の子供であっても何ら変わりはないのです。

アストラの将来の幸せを強く願わずにはいられません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*