【絶句】「何が悪かったのか考えなさい」教師がテスト満点の生徒に精神的いじめ。オール3の通信簿を笑顔で付けた理由が・・・


これは、ある女性が小学生だった時の話・・・

彼女は父親が高校教師だったこともあり、熱心に勉強へ取り組んでいました。

授業態度は優秀、提出物にも気を配り、テストはいつも100点。

しかし、担任が変わって初めての通信簿を受け取り、彼女は衝撃を受けます。

オール3の通信簿

20年前の話。

小学校生活半ば頃、通信簿をほぼオール3・オールBにされたことがある。

当時テストは全部100点、

都道府県単位で順位が出るテストでもいつも一桁台だったし、

教師の父に厳しく言われていたので提出物も授業態度も問題なしだったのね。

それまではほぼオール5だったのに、いきなりオール3。

渡された時の衝撃は今でも忘れられない。

頭が真っ白になってる時、担任に

「ショックでしょう。そのショックが大事なの。」と笑顔で言われた。

その時は多分「どうしてですか」みたいなことを聞いたんだと思うが、

そこを考えなさい。だからダメなの。」という返答があったのを覚えてる。



友達に慰められ泣きながら帰った。

怒られるのが怖くて泣いてたんじゃなくてただショックで、

だからダメ」って言葉が自分を全否定しているようで。

帰宅後すぐに見せた母には怒られた。

完璧に近い成績でオール3なんだから、さぞ授業態度が悪かったのだろうと思うのは当然だよね。

私もわけがわからないまま大泣き。

父が仕事から帰ってきて、「手を挙げて積極的に授業に参加したか」「授業は静かに聞いたか」等ひとつずつ確認。

した、としか言いようがない私。

父は首をひねりながら、

授業態度はわからないけど、

担任からのコメント欄はいいことしか書いてないし、

全教科均一に下がるのはおかしい。

理解度、提出物の項目にまでBがついている。

それにここまでいきなり成績が下がったら、少なくともうちの高校じゃ担当みんなで職員会議モノだなあ…と、

翌日、父が学校の夏休みコールに電話してくれることに。

後で話を聞いたところ、両親はこの時点で「なんか変じゃね?」という雰囲気になっていたそうだが、ガキな私は全然気づかず、何が悪かったんだろう…とグスグス。

で、翌日。


電話したら担任がいたので、代わってもらって喋る父。

途中で子機を持って車に籠った時点で変だなあとは思ってた。

しばらくして車から出てきた父は顔が真っ赤でマジギレモード。

要約すると、

「私ちゃんはあまりにもいい子ちゃんすぎて、今のうちに挫折しておかないとダメな子になってしまう。

だからあえて酷い成績をつけました。ショックを受けていたでしょう?

人間的に成長できたと思います。何が悪かったのか考えさせて下さい。」

って理由だったんだと。

後に父が言うには、最後の「何が悪かったのか~」でブチ切れたらしい。

そのまま教頭だの何だのに連絡。

管理職の方々は説明させますので!と父と私を学校に呼び出し。

校長室に呼ばれると、校長教頭+担任がいた。

担任は泣きはらした顔で、部屋に入ってくるなり私を睨む。

睨むのはやめなさい、と父の地底から出てきたような声。

途中に担任のヒスが差し込まれるも、話し合いはサクサク進んでた。

多分。


私にもちょこちょこ状況確認が入った。

驚いたことに、私の成績がアレだったことに対して、他の生徒の親から

私さんがオール3だったそうだが、子どもは不思議がっている。どういう基準でつけているのだろうか?

と連絡が数本入っていたらしい。

後から知ったのだけど、中学受験組の親だったみたい。

最終的に学校からは謝罪。

担任が勝手なことをして悪かった、チェックが杜撰になっていた、等。

先生内で回してチェックする仕組みにはなってたんだけど、ハンコ押すだけの流れ作業になっていたそうだ。

最後の最後に担任が大泣きで喚き、話し合い終了。

夏休み明けには担任が変わってた。

(本文まま)

10歳の少女にとって、この出来事は大変ショックだったと思います。

成績とは無関係のところで評価が下げられるなど、あってはならない事です。

教師という立場でいたずらに子供の心を傷つけるなどもってのほかです。

この投稿には、様々なコメントが寄せられました。

・きちんと対応してくれた父親に感謝だな。

・私の姉は中学3年の時に成績が下がった。
いつも成績が良いから、高校受験の為に、他の子に成績を分けたらしい。
で、3学期には成績が返って来た。

・受験期になると、生徒の願書とか推薦書出し忘れる先生とか必ず報道されるけど ホント可哀想だと思う。

教師と言えども人間ですので、間違いを犯すことはあるでしょう。

しかしこの「いじめ」ともとれる異常な行動にはただただ驚かされるばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*