【感動】重度のアレルギーを持ち、お友達と同じ食事ができない少年。幼稚園から母に送られた1通のメールに涙が止まらない


現代では多くの人に認知されつつある食物アレルギー。

重度にもなるとほとんどの食材を口にすることができず、もし誤って食べてしまえば命に関わるケースもあります。

今回ご紹介する少年もまた重度のアレルギーを持っており、数ある食品の中からたったの12品しか口にすることができません。

そこで少年が通う幼稚園は、周りのお友達と同じものが口にできない彼のために素敵なサプライズを用意してくれたのです。

アレルギーを持つ少年

FPIESと呼ばれる重い乳児消化管食物アレルギーを患っている5歳の少年、カイデン君。

そのため、彼はたった12種類の食品しか口にすることができません。

まだ食べたことのない食品から拒否反応が出ることも考えられ、母親であるシャノンさんはいつも心配に駆られています。

通っている幼稚園でも周りの子ども達と同じものが食べられず、いつも1人で違うものを食べなければなりませんでした。

そんなある日、カイデン君が通う幼稚園からシャロンさんへ一通のメールが届きました。

その内容を見たシャロンさんは、溢れる涙を止められなかったといいます。

メールの内容

そのメールには、幼稚園でパーティーを開きたいといった内容が記されていました。

そして驚くべきことに、そのパーティーは普段みんなと同じ食事ができないカイデン君のために開かれるという物だったのです。

そして食材がリストアップされ、中に問題のある食材が含まれていないかなどの確認をしたいという申し出でした。

今回のパーティーの開催にあたり、他の保護者の方へも事前にメールが送られていたといいます。

これまでのパーティーでは、いつもみんながおいしそうに市販のカップケーキやスナック菓子を食べる中、カイデン君はシャノンさんが作ったものを食べていました。

そんな彼のために、幼稚園の先生方が特別に企画してくれたのです。

そのようなメールをもらい、シャノンさんは嬉しさのあまり泣き崩れてしまったそうです。

そしてパーティー当日、シャロンさんは幼稚園にたくさんの自家製カップケーキ持ち込み、お友達に振舞ったそうです。

カイデン君も、初めてお友達と同じものを食べ気持ちを共有することができ、とても喜んだといいます。

幼稚園の先生方の優しさに触れて、親子共々素敵な思い出が作れたことでしょう。

ずっと良い思い出になるといいですね。



※一緒に読まれている記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*