【切ない】「おかあさんは、ほめてくれなかった。」小学1年生の女の子の”詩”に込められた心の叫びに胸が締め付けられる


高知県内にある学校の取り組みから生まれた『やまもも』という詩集。

小学校の子供たちが書いた詩を、多くの人に読んでもらおうという想いから発刊されました。

高知新聞朝刊では「やまももタイムカプセル」というコーナーも設けられ、時季・話題にあった作品が紹介されています。

そんな「やまももタイムカプセル」で紹介された、ひとつの詩が話題を集めています。

小学1年生の少女が日常のことについて書いた詩に、多くの親が考えさせられました。

ほめてほしかった


きょうは あさ はやくから

べんきょうを した。

みんな やった。

これは きっと ほめられると

おもった。

どんなに ほめられるのかなあと

おもった。

ほめられたら いいのになあと

おもった。

にこにこして、おかあさんに

見せたら

おかあさんは、ほめてくれなかった。

「土よう日の ぶんも しなさい。」

と はんたいに おこった

わたしは なきました。

小学生の女の子の想いを考えると、胸が締め付けられる思いです。

そしてこのような出来事は、多かれ少なかれどの家庭でも起きている事だと感じます。

子供がまだ小さい頃は「あれができた!」「これができた!」と一喜一憂しますが、ある程度大きくなるとやって当たり前という認識になりがちです。

子供の成長を願うばかりに、どうしてもできないところに目が行ってしまい、褒めることを忘れてしまっていませんか?

子供にとって「親に褒められる」というのはとても重要な事であり、そして活力でもあります。

この詩を読んだユーザーからは多くのコメントが寄せられました。

とても短い文章に込められた大きな意味に、私たち親は深く考えていかなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*