「ウルセーんだよ、若いなら立ってろ!」新幹線で他人の指定席に座るおじさん。怒鳴るおっさんに女性が放った一言に称賛の声


新幹線、平日でもかなりの人が利用されます。

とはいえ、平日であれば自由席でもある程度座ることが出来るのですが、休みや連休になると自由席に座るのはなかなか難しいもの。

自由席に座れなかった場合、諦めて立っているしかありません。

しかし、中にはとんでもない人がいるのです。

今回は某掲示板に寄せられた「新幹線で指定席に座ろうとしたら、知らないおっさんが座っていた」というお話をご紹介します。

「自由席が満席だからこっちにきたんだよ」

先月新幹線で東京に向かってたら、指定席車両でひと騒ぎがあった。

途中で乗車してきた就活中らしき女の子が、自分の斜め前の席で何度も切符と番号を確認してた。

どうも自分の席に関係ないオッサンが座ってるらしい。

女の子、遠慮がちにオッサンに言う。

「寛がれていらっしゃるところ、大変申し訳ありません。失礼ですが、座席をお間違えではありませんか?」

オッサン答える。

「自由席が満席だからこっちにきたんだよ、ワリーか」

急に静かになった車両で、たぶんみんな悪いだろ!

退けよ!と思いながら二人の話聞いてた。

「そうですか。でもそこは私が購入している席なので、お席につかれることをご希望なら空席の指定席券を購入なさってください」

「ウルセーんだよ、若いなら立ってろ!こっちは仕事で疲れてんだよ! だいたい後から乗ってきて何言ってんだ! それとも俺の膝に乗るか?あ?」

お前が何言ってんだ。

といいかげん見かねて他の乗客が車掌呼ぼうとしたり、 俺も今こそ武勇伝を!とオッサンに文句いおうと腰を浮かせかけたんだが。

「では、あなたはこの後もその席を返されることはないということですね?」

「そうだっつってんだろ、うるせえなあ!」

「わかりました。私は料金を支払いその座席を占有する権利を現在所有していますが、 あなたはそれを不法領得しています。 そのため私はあなたを窃盗で訴えますがよろしいですね?」

オッサン黙りこむ。

そのとき良いタイミング車掌がやってきたこともあって、オッサンは女の子に舌打ちした後去っていった。

女の子はポカーンとしてる他の乗客に向かって「お騒がせして申し訳ありません!」とペコっと頭を下げて座席に腰をおろした。

キチンとした子だなあ~と半ば感心しながら見てたら、隣の席のおばあちゃんに「あなた法学部の子なの?すごいねえ」と褒められてた。

そしたら女の子、

「違うんですー。だけどあんまり頭にきちゃったので、知ってる法律用語をそれっぽく言ってしまいましたー。専門の方がいらっしゃったら恥ずかしいです」

と言っててびっくりした。

俺だったらとっさにあんなこと言えねーよ…。

しかもかなりかわいい子だったのでその後東京着くまで、ちらっちら見てしまいました。

下車するときは、何人かの乗客から「就活がんばってね!」と言われてました。がんばってね!

そんな素敵シーンは見なかったけど、ホームや改札で名刺は何人から渡されてたよ

かわいかったからナンパもしれんww

(本文まま)

世の中には色々なお話が沢山存在しています。

今回のようにスカっとする話もあれば、今回の女の子みたいに強く出られず泣く泣く席を譲ってしまう人もいるでしょう。

そういった人達の弱さにつけ込んで自分の我がままを押し通す人は本当に最低です。

せめて、自分はそうならないようにと、もし困っている人がいたら助けて上げられる人間になりたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*