【感動】孤独に耐え里親を待ち続けた猫。死の寸前で救い出されて1時間で、全く別の猫へと変貌を遂げる


保健所で先の見えない日々を過ごし、悲しそうな顔で里親さんを待っている猫”ベンベン”

野良猫だったベンベンは大きな動物に襲われたのか、背骨は折れ、身体にはいくつもの裂傷があり、片耳が潰れてしまっていたのです。

地元の保護施設はベンベンを引き取り、里親を探してくれることになりました。

施設に移動した後、獣医さんに診てもらったベンベンは、これから先歩くことができず、痛みと戦いながら生き続ける ことになるだろうと診断されたそうです。

その後もしばらく里親さん探しが続きましたが、結局里親さんは見つかりませんでした。

そしてとうとう、保健所に戻されてしまったのです。

安楽死が決まったベンベン

保健所はベンベンの命を終わらせることにしました…

そんな中、動物病院のスタッフとして働いていた女性が、職場でベンベンのことを知りました。

女性はすぐにベンベンを救わなければならないと思い、その日のうちに行動を起こしたのです。

それはベンベンの安楽死が行われる日の前日のことでした。

女性は急いで保健所に向かいました。

女性の手により”死”から救われたベンベン。

保健所のベンベンは、食べ物や水を一切口にせずただ静かにそこに座っていました。

ベンベンは完全に生きる希望を失っていたのです。

再び希望を

ベンベンは女性の新たな家族として、彼女の家へ一緒に向かいます。

そして、女性がベンベンを家に迎え入れると全てが変わりました!

ベンベンと一緒に帰宅した女性は、先住猫と会わせる前にベンベンを洗面所に連れて行きます。

そして1時間ほどふたりきりで過ごしていると、ベンベンは嬉しそうに喉を鳴らし始め、女性に抱きついてきたのです。

それはまるで「助けてくれてありがとう」 と言っているかのようでした。

女性の優しさにすっかり心を開き、別猫へと生まれ変わったベンベン。

ベンベンは家を自分のものだと思うようになり、女性の傍から離れずに過ごすようになりました。

女性が食べている間もじっと見つめています。

そして獣医から歩く事は難しいと言われていたベンベン。

その後どうなったのでしょうか?

見違える姿に

獣医さんに二度と歩くことができないと言われたベンベン。

ですが女性と一緒にリハビリをし、ついに歩くことができるようになりました!

さらにベンベンは走れるようになり、少しだけ跳べるようにもなったのです。

ベンベンが救出されてから9ヶ月が経ちました。

以前のベンベンの面影はなく、そのあまりの変化に同じ猫だとは信じられないと言われるそうです。

女性の深い愛情が1匹の悲しい猫の運命を変えました。

温かい家で幸せそうに暮らすベンベンの姿に、胸が熱くなりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*