【泣いた】最期まで飼い主さんとともに…14年間共に過ごしたおばあちゃん同じ日に旅立った猫


14年間苦楽を共にしたおばあちゃんと猫

ある日、とある老夫婦が保護施設から猫を引き取りました。

その猫は「ギャビー」と名付けられ、老夫婦からとても可愛がられていました。

当時2歳だったギャビーは、おばあちゃんに懐いていたようで、本を読んでいるおばあちゃんの膝の上にいるのが大好きでした。

しかし、それから数年後に、おじいちゃんが亡くなってしまい、何十年も連れ添ったおばあちゃんはひどくショックを受けました。

そんなおばあちゃんを慰めて癒してくれていたのが、ギャビーで、おじいちゃんの死をきっかけに、また強い絆で結ばれいきました。

おばあちゃんの心配

そんなおばあちゃんは、おじいちゃんが亡くなったことで、ある心配をするようになりました。

それは「ギャビーを残して自分が先に死んでしまったらどうしよう」というものでした。

おばあちゃんは周りにもその心配を相談するほど悩んでいたそうです。

そして最期となった日、ギャビーの呼吸が弱々しいことに気が付いたおばあちゃんは、ギャビーを動物病院へ連れていきました。

ですがギャビーは寿命を迎えたようで、おばあちゃんの腕の中で天国へと旅立っていきました。

虹の橋を渡ったギャビー

大好きなおばあちゃんの腕の中で最期を迎えられたギャビーはきっと最期まで幸せだったことでしょう。

ギャビーが亡くなって悲しみに暮れたおばあちゃんでしたが、ギャビーの最期を見届けることができて安心したというのもあったのかもしれません。

おばあちゃんは動物病院から自宅へ帰った後、いつもギャビーと座っていたソファで静かに天国へと旅立っていきました。

それはギャビーが亡くなって4時間後のことだったのだそうです。

今回、ギャビーもおばあちゃんもそれぞれ同じ日に幸せな気持ちで最期を迎えることができました。

今頃は天国でおじいちゃんも一緒に仲良く過ごしていることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*