遅刻癖のある息子を改心させるために警察に通報!?母親が起こした行動に賛否両論



ミシガン州に済むとある母親が起こした行動が賛否両論の議論を巻き起こしています。

なんと時間を過ぎても学校に行こうとしない息子の付き添いを、警察に依頼したというのです。

母親の行動は行き過ぎており「公共サービスの浪費」だという人がいる一方で、「こんなこと大したことじゃない」という声も挙がりました。

様々な意見を受け、母親のクリスタル・タウンさんは今回の行動についてこのように語りました。

この行動は正しかった

今回の騒動を巻き起こしたクリスタル・タウンさんは、メディアのインタビューに対し「警察を呼ぶという行動は正しかった」「後悔はしていません」と語りました。

その上で、

「また同じような状況になったら、私は迷わず警察を呼びます。

子育ては社会全体で担うべきこと。私はそこにある住民のためのサービスを利用したまでです」

と、他の親もこうしたサービスを利用すべきだと主張しているのです。

クリスタルさんは息子に対し、つい最近も「このまま遅刻し続けるのであれば、学校に駐在している警官へ通報する」と忠告をしていました。

しかしその後も彼の遅刻癖が改善されることがなかったために、宣言通りに実行しただけだというのです。

息子の学校に駐在している警察官に直接電話をし、連絡を受けた警察官に連れ添われながら無事学校に投稿したという息子さん。

通常であれば、息子を起こし学校に行かせるようにするのは親の責任だという意見もあります。

しかしクリスタルさんは仕事を3つ掛け持ちしており、息子を起こす時間が取れなかったのだといいます。

今回の騒動に対し警察官は

警察の責任者でもあるロン・ワイルズさんは、母親の子育てを手助けできたことは「光栄だ」と語っています。

「子どもが学校に規則正しく通えば通うほど、事件に巻き込まれるリスクは減ると考えています。

生徒の安全と成長を守るために我々は学校に駐在しています。

家族に必要とされたとき、手伝うことも我々の仕事です」

実際に今回の行動は息子さんの遅刻癖改善に一役買ってくれたようで、「ママもうたくさんだ、二度と遅刻はしない」と母親に話しているのだとか。

そして母親は、最後に息子さんについてこのように話しています。

「ひとつ誤解をしないで欲しいのは、彼は悪い子ではないってこと。

どこにでもいる普通の青年です」

親として、1度忠告したことは実行しないと子供はどんどん勘違いを起こしてしまいがちです。

しかし今回の行動が行き過ぎだという声もたくさん上がっているのが現実。

この母親の行動について、皆さんは何を思いますか?

引用元:https://www.buzzfeed.com/jp/remysmidt/mom-cops-son-school-michigan-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*