今すぐ財布の中をチェックして!『エラーコイン』に100万円以上の価値がある場合も!!



側面にいくつもの溝が付いている「ギザ10」と呼ばれる10円玉は、恐らく多くの人が目にした事もあると思います。

小銭は機械で作られているのは皆さんご存知だと思いますが、その過程で少し失敗してしまった「エラーコイン」と呼ばれるものが世の中に出回っています。

例えば5円玉や50円玉の穴がズレていたり、時には何も書かれていない1円でさえも存在するのです。

そして今、その「エラーコイン」が大金をゲットできるチャンスになると話題を集めているのです。

では一体どれほどの価値があるものなのか、一部ご紹介していきたいと思います。

価値のあるエラーコイン

変わった小銭で最も耳にするのは、上にも書いた「ギザ10」です。

こういった通常とは少し変わった硬貨はプレミアがついて高値で取引されています。

その中でも、仕上がりが失敗したエラーコインはとても価値があるのです。

例えば穴がずれている50円玉ですと、およそ80,000円の値段で売れるのだとか。

中でも最も高額な値段で取引されたエラーコインは、なんと「1円玉」なんです。

その1円玉は、縁が潰れて刻印も薄くほぼ何も見えない状態のもので、オークションで280万円で取引されたんだとか。

ちなみに先述した「ギザ10」は枚数が結構出回っているので値段は低いですが、それでも100円程度の勝ちになるそうですよ。

そしてこのエラーコイン、小銭だけでなくお札にも当てはまるそうです。

お札にもエラーがある!?

お札で最も多いエラーは「裁断ミス」です。

機械で裁断する際に何かしらのエラーが発生し、端っこが余っている物が存在するのだとか。

このようなお札は「福耳のお札」と呼ばれ、物によっては10万円以上で取引されているんだそうです。

また、お札は印刷ミスや6ケタの通し番号がゾロ目だった場合などでもプレミア価格が付く場合もありますのでぜひ一度チェックしてみてください。

もしかしたら超お宝エラーコインが、あなたの財布に眠っている可能性があるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*