全身に紫色のスプレーをかけられた犬。間違った情報がもたらした最悪な結果に胸が痛む



南米に位置するエクアドルにある「ダーウィン動物病院」。

ここにキティという小さい犬が診察に訪れました。

キティの瞼は被毛がない部分が見受けられ、獣医はダニが寄生していると診断して治療をしました。

その後飼い主さんには「被毛が生えてこなかったり、症状が悪化したらまた病院へ連れてきてください」と伝えます。

その診察から9ヶ月経ってもキティが病院に来ることはなかったため治ったものだと思っていたのですが、なんとキティは驚くべき姿にさせられていたのです。

全身に紫色のスプレー

最初の診察から9ヶ月が過ぎた頃に再び飼い主さんはキティを連れて診察へ訪れます。

するとその時のキティの姿は驚きの姿になっていました。

なんと白い犬のはずだったキティが全身紫色のカラースプレーまみれになっていたのです。

しかも瞼付近だけだった脱毛が全身にまで及んでしまっており、あちこちで皮膚に炎症が起きてしまって、ただれている部分もありました。

実はこの飼い主は一度ダーウィン動物病院へ診察した後、キティの症状が良くならなかったため、他の動物病院へ治療に行きました。

そこでは注射やビタミン剤の投与などが行われましたが、キティの症状は悪化するばかりでした。

スプレーをかけた理由

なかなかキティが良くならないことにガッカリしていた飼い主さんは、ある時近所の人達からとある噂を聞かされます。

それは「犬の全身を紫色にすればダニが死ぬ」というものでした。

もちろん近所の人達は獣医でもなんでもない素人の人達です。

本来の飼い主さんなら「くだらない」と切り捨てる噂かもしれませんが、この時は藁にもすがる思いだったのでしょう。

近所の人達の噂を鵜呑みにして紫色のカラースプレーを購入して、キティの全身に吹き付けてしまったのです。

しかし結果は症状の悪化に繋がってしまい、再びダーウィン動物病院へ訪れたというわけです。

緊急治療の結果

細かく診断をすると、どうやら脱毛症に加えて掻き傷や皮膚のびらんも起こしており、至急治療が必要な状態となっていました。

治療後に飼い主さんには「ダニ治療は今後も継続して行う必要があるため、1週間後に必ず来院するように」と指示をしました。

飼い主さんも事の重大性を重く受け止めて、しっかり1週間後に来院し、獣医さんの適切な治療のおかげもあってキティは急激に改善していきます。

なんとただれていた傷口も塞がっていき、皮膚の赤みも治ってきたのです。

多少紫色のスプレーの跡が残ってしまっていますが、とっても元気そうな表情を見せてくれていますね。

今後もダニ治療としての通院が必要となりますが、ここまで改善すれば飼い主さんも安心して治療をお願いすることができることでしょう。

変な噂で大切なペットを苦しませないように、何かしらの症状が出たら獣医の指示をしっかり守るようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*