【泣いた】「日曜日っていつだか知ってる?」4歳の時に離婚した両親、約束の日曜に母の帰りを待ち続けた少女は・・・

少女がわずか4歳の時に両親が離婚。

家を出る母に「いつ帰ってくるの?」と聞くと、困った顔をした母は「日曜日かな?」と答えます。

離婚という意味さえも分からない幼い子供は、それから父の家で母を待ち続けました。

しかしいつまで経っても母が迎えに来ることはありませんでした。

その30年後に少女が母親になった時、息子は母に「ママを産んだのは誰?」と尋ねます。

「いつ帰ってくるの?」

私が4歳の時、父と母は離婚した。

祖父母と同居していたため父が私を引き取った。

母は出て行く日に私を実家に連れて行った。

家具や荷物がいっぱい置いてあって叔母の結婚の時と同じだったので

「わぁ、嫁入り道具みたいだねー」

と嬉しそうに言ったのを覚えている。

家に戻ると母はドアの所で

「おばあちゃんちに又行かなきゃいけないの」

そう言った。

「いつ帰ってくるの?」

と聞くと困った顔をして少し黙り

「日曜日かな?」

と答えた。

疑いもせずに私は笑顔で手を振って送り出した。

日曜日がいつかも知らなかった。

訪れなかった日曜日

それから私は祖母に日曜日がいつかを聞いては、玄関で待つ日々が続いた。

何回か繰り返したある日、母以外の家族全員が揃う夕食の時間に私は聞いてみた。

「あのね、ママが帰ってくる日曜日っていつだか知ってる?」

食卓が凍り付いた。それまでの笑顔が全く消えてみなが押し黙って目を伏せた。

「私、うっかり聞くのを忘れちゃったのよー」

と笑いかけたが、誰1人笑ってはくれなかった。

それ以来、私はママの話しは絶対にしないようにして・・もう30年が経つ。結婚式にも呼ぼうとはしなかった。

今では1歳の娘と5歳の息子がいる。

先日、5歳の息子が

「ねぇ、妹と僕を産んだのはお母さんだよね?」

と聞いてきた。

「パパを産んだのはばぁばだよね? ママを産んだのは誰?」

「おばあちゃんよ、でもどこにいるかわかんないから会えないのよ」

「僕会いたいなぁ」

「どうして?」

そこまでは平気な受け答えだった。

「ママを産んでくれてありがとうって言わなきゃ!」

(うん、会いたいねぇ)と言うはずだったのに涙が止らなくなってしまった。

ずっとずっと封印してきた言葉。

育てられないなら産まなきゃいいのにって思ったこともあった。

ありがとう息子。私はやっと素直になれそうだ。

(原文まま)

離婚という意味を理解できない幼い少女は、日曜日が来るのを心待ちにしていました。

しかし少女の元に日曜日がやってくることはありませんでした。

母親にも何かしらの事情があったのかもしれません。

ですがずっと母を心待ちにしていた少女の気持ちを思うと、心が痛みます。

同じ母親になった女性が、これから息子さんや娘さんと末永く幸せに暮らしてくれることを祈ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*