【泣いた】出産後に生死をさまよっていた母親。胸元に赤ちゃんを抱かせてあげたら・・・感動の奇跡に涙が止まらない



新しい生命の誕生というのは、時に言葉では説明ができないような奇跡を巻き起こすことがあります。

アメリカ・ノースカロライナ州コンコルドに暮らすシェリー・カウレーさんも、その奇跡を体験した一人です。

23歳の時に初めての妊娠が発覚し、夫と共に出産を心待ちにしていました。

しかし出産当日、誰もが予想しなかった事態に見舞われてしまったのです。

出産時に起こった緊急事態

陣痛が始まった途端シェリーさんの容態が急変し、緊急の帝王切開がおこなわれることになりました。

その結果、元気な女の子が誕生。

しかしシェリーさんは動脈にできた血栓のために、帝王切開の術中に意識を失ってしまったのです。

きっと助からないだろう

絶望的な状況の中で、これからどうしていくのか不安に襲われたという夫のジェレミーさん。

そんな中、看護師のアシュリーさんからとあるアイデアが提案されました。

カンガルーケア

その方法とは、意識のない母の胸に赤ちゃんを抱かせるという物でした。

「泣き声を聞いたら母としての本能を呼び起こすことができるのでは?」と考えたアシュリーさんは、赤ちゃんを母の胸にそっと寝かしました。

しかし母親の肌に触れた瞬間、安心してしまったのか泣くのをやめてしまった赤ちゃん。

これでは赤ちゃんの声がお母さんに届きません。

そこで赤ちゃんをくすぐったりすること10分、ようやく部屋に赤ちゃんの泣き声が響き渡りました。

その時、ついに奇跡の瞬間を迎える事となったのです。

赤ちゃんが起こした奇跡

まるでお母さんを起こすかのように、必死に泣き続ける赤ちゃん。

そしてそれに答えるかのように、彼女につないだ心拍計が再び動き始めたのです。

その後は容体も安定し出産から1週間後、ついにシェリーさんは目を覚ましました。

「親子の強い絆を感じることができた」

やっとのことで誕生した小さな娘を抱きしめることができたシェリーさんはこのように語りました。

女の子は「ライラン」ちゃんと名付けられ、家族で幸せな時間を過ごしています。

シェリーさんは、ライランちゃんが大きくなったら「あなたが母の命を救ったのよ!」と伝えたいといいます。

もしあの時諦めてしまっていたら・・・もしかしたらシェリーさんは赤ちゃんを抱くこともなく息を引き取っていたかもしれないのですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*