【泣いた】「ねぇママ、僕は大人になりたいよ。」幼くしてガンに侵された少年。最後に願った”果たしたかった夢”に涙が止まらない。



とある小児病棟でガンと闘う少年「しゅん君」という少年がいました。

彼は重い病に浸されながらも、周囲への気遣いを忘れない明るい子供です。

そんな優しく気丈なしゅん君が言った「たったひとつのまがまま」に涙すると共に、私たち大人は深く考えさせられます。

しゅん君の夢

ある小児癌病棟に、一人の男の子がいました。

その子の名前は、「しゅん君」。

彼の脳腫瘍は、誰にも手術できない・・・。

そういう種類の病状でした。

でも彼はいつも看病してくれる人たちに元気に明るく振舞っていました。

同じ病棟の子どもたちにもとても優しく

「良くなるから苦い薬を飲もうね。」

「良くなるから頑張ろうね。」

って同じ病棟の子に、常に優しい声を掛けたりしていました。

症状を知らない人が見たら自分も病気だということなど微塵も感じさせないような男の子だったそうです。

病状が進んだある日、彼は斜視になっていました。

それを気づかせないようにお母さんや看護師さんは必死に鏡を隠しました。

洗面所、トイレと…

そして夜になると窓が鏡の代わりになるので慌ててカーテンを閉めました。

ある日そんな事情を知らない一人の新米の看護師さんがやってきました。

彼女に悪気は微塵もなかった。しかし、落ち度があった…

彼女の胸ポケットに手鏡があることに気づいたしゅん君は

看護婦さん、その鏡を貸して。

そして看護婦さんは鏡を貸してしまう…。

どんなに自分の顔を見ようとしても自分の顔が見えない。

そして彼は、以前とは変わってしまった自分の顔を見て泣くこともなくひと言、

「看護婦さん、僕が鏡で顔を見たこと、お母さんには黙っててね。きっとお母さん、悲しむから。」

そんな心優しいしゅん君がたった一度だけ、 わがままを言ったそうです。

しゅん君のただ一度の「わがままな」言葉。

「ねぇママ、僕は大人になりたいよ。」

「パパみたいな大人になりたいよ。」

ママや周りの人にそう訴えました。

ママや周りの人は、慌てて

「えっ、大丈夫だよしゅん。パパみたいな大人になれるよ。何言ってるの、なれるに決まってる。」

その慌てる姿を見てしゅん君は、いつもの冷静なしゅん君に戻り

「うん。なれるよね。ママあの苦い薬飲むね。」

と言って口をつぐんだのです。

そして彼はその翌朝、大好きなママの腕の中で安らかに息をひきとりました。

そう彼の夢は

「大人になること」

大人の私たちは今、しゅん君が夢見て、果たすことができなかった

そんな「夢の時」を生きています…

(本文まま)

最期の瞬間まで、周りへの気遣いを忘れずに天国へと旅立ったしゅん君。

必死に隠し通そうとする家族の心使いに気が付き、弱音を吐くこともしなかった彼の夢。

たった一人で死と向き合った彼の願った夢はただ一つ、「大人になりたい」というものでした。

それは私たちが当たり前のように生きている”今日”なのです。

このお話しを聞いた多くの人が涙を流し、そして自身の生活に思いを馳せます。

今自分の子供が「生きているだけで幸せ」なのだと再認識する大人。

今日という日を何もせずに終えてしまった事を省みる大人。

その人の立場が違えば感じることもそれぞれで、それだけ多方面からたくさんの事を訴えかけてくるエピソードだと感じさせられました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*