【悲痛】ペットショップで子犬を購入したら・・・わずか5日で亡くなってしまった子犬と家族の苦悩


新しい家族を迎え入れた家族を襲った悲劇。

ペットショップで購入した子犬がわずか、5日で命を落とすという出来事が起こりました。

なぜこのようなことが起きてしまったのか・・・。

「命」を扱うペットショップとしてあり得ないずさんな対応に、ペットショップの在り方を考えさせられます。

新しい家族

イギリスのマンチェスターに住むドナさん家族。

ある日ペットショップ「Dogs 4 Us」へ行き、日本円で約95,000円のラブラドール レトリーバーの子犬を買いました。

その子犬の名前を「フレディ」と名付け、新しい家族が増えて、これから楽しく幸せな毎日が過ごせると思っていたのですが、フレディは5日後に亡くなってしまったのです。

ドナさんが言うには「私たちがフレディを購入した時は、本当に健康だと思ったの」とのこと。

初めて家へやってきた時、ご飯をほとんど食べなかったフレディは。

ドナさんは「急に家族の元から引き離されて不安になったのかな」と思っていたのだそうです。

ですが次の日もフレディの食欲はなく、元気に走り回ったりもしなかったため、ドナさんはペットショップへ連絡を入れました。

すると「かかりつけの病院へ連れていってください」と言われたのです。

ただちに動物病院へ連れていき、診察を受けたフレディ。

獣医はいくつかの薬を用意した後に「鳥の胸肉やお米を食べさせて、それでも状態が悪ければもう一度連れてきてください」と伝えます。

しかしこの時、子犬がかかりやすい「パルボウィルス」の検査をせずに、そのまま帰してしまったのです。

これがフレディの症状を悪化させる原因になってしまったのです。

子犬を病院へ

その日もフレディは食事をしなかったため、ドナさんは再度動物病院へ連れていきました。

改めて検査をしてもらった結果、非常に感染力の強いパルボウィルスに感染しているということがわかったのです。

「何故最初に来た時に検査をしなかったのか…」

その獣医の無責任さにドナさんは「あなたはフレディが危険な状態だったのを知ってたのではないんですか?」と抗議をしました。

しかしいくら獣医に抗議をしてもフレディの体調が良くなることはなく、パルボウィルスに感染しているとわかった時には既に手遅れの状態でした。

苦しむフレディを見たドナさんは「これ以上苦しませたくない」と思い、動物病院へ安楽死をするよう電話をします。

目を閉じてぐったりとしているフレディの傍にずっといたのは、10歳のルビーちゃんと5歳のジョエル君でした。

ドナさんは2人にフレディとはお別れしなくてはならないと伝えると、楽しい生活を夢見ていた2人はショックのあまり何も言えなくなってしまいます。

2人は片時もフレディの元から離れることはありませんでした。

そしてフレディは、ペットショップで購入してから5日後に家族に見守られながら虹の橋を渡りました。

ペットショップの在り方

その後ドナさんは具合の悪かったフレディを放っておいたことについてペットショップへ抗議をします。

しかしその対応は支払った代金の返却だけで、店長からの謝罪などは一切ありませんでした。

さらにフレディの健康状態について書かれている書類もペットショップに残っておらず、ずさんな対応をされてしまったのです。

ただそのペットショップは取材に対して「購入前の動物達にはしっかりとした検査をさせているし、特に病気であるということもなかった」と話していました。

今でもペットショップで子犬を販売することを禁止にさせるべく、様々な団体がお店の前で抗議をしたりと、生体販売やパピーミル(子犬工場)を無くす運動が行われています。

日本でもこういった活動をしている団体もあり、生体販売については世界中でも問題視されています。

ペットを家族としてどこから迎え入れるべきなのか、動物達が幸せに暮らすためにはどうあるべきなのかを改めて考えさせられますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*