【就活生必読!】16卒の大手化学メーカー内定者が伝える”みんしゅう(みんなの就職活動日記)”の上手な活用方法と注意事項

b4b2511e8e1e2e6db7a2eff2b4bdab91

みんしゅう(みんなの就職活動日記)とは
登録者55万人、24600社のクチコミ就職サイト「みんなの就職活動日記」
就活経験者ならお馴染みの就職活動情報サイトですね。

一番有名ではないでしょうか。
このサイトは就活生がお互いの就職活動状況や面接・ESの詳細について書き込み共有できるサイトです。

いい人もいれば悪い人もいる。
この現代社会の縮図とも言えるかもしれませんw

知らない人はとりあえず登録しておくといいかも?
興味ない企業の掲示板でもいろんな人がいて暇つぶしにもなります
活用方法その1.面接の雰囲気・質問の予想
5eeab5576dc2180f8269a6aedafeb394

面接はやはり慣れるまでは緊張するもの。
予め雰囲気やよくある質問が予想出来ていれば焦らずにいけます。

ココで重要なのは質問の内容がどういったものなのか。
理系就活は経験上、テンプレに乗っ取ります!

世間一般のイメージみたいに
「自分をモノに例えると?」とか不意をつくような質問はまずありませんw

文系と理系では欲しい人材が違うからなんですね。

具体的な質問でいうと例えば、技術的な質問中心なのか、ESの内容を深く掘り下げてくるのか、または全く違う切り口から質問してくるのか。
予め予想していれば対策もある程度取れます。

年や会社によってばらつきはあるものの、多くの会社は毎年同じような流れで進めてきます。
雰囲気についても同じで 圧迫なのかどうかは注意して見ておくポイントです。

理系院生はあまり聞きませんがたまーに圧迫面接するところもあるのでそういった情報は頭の片隅にでも仕入れておきたいところです。


活用方法その2.選考過程の把握

4a934bb67a401f466c9da97f082aad65

これは主にどのような選考ルートがあるのかを把握するためです。

先に言っておきますが、説明会で説明したルートを信じてはいけません。

多くの場合、 そこには記載されない裏ルートというものが存在します。
この情報もみんしゅうから入手できる場合が多いです。
社会には裏社会があるのと同じです。
就活の採用にも当たり前のように裏ルートがあります。
もうまかり通ってるんだから文句をいう暇があるなら自分も利用する立場になんとか回れるよう努力しましょう。

定番パターンで言えば、
推薦組だけ公表しているルートと選考そのものが異なったり、インターン組の裏採用、説明会で声をかけられた人だけが進めるルートがあったり、リクルーターのコネから進めるルートがあったりします。

もちろん正々堂々推薦もなく1つの普通応募のみの企業もたくさんありますよ。

そういった情報を仕入れておくだけで公表されている内定の枠のうちどれくらいが本当に正規ルートで入れるのかを予想できます。


活用方法その3.同期の選考状況の把握

8f9d53c6f4623e9771734f17ae03de7f

↑に通じる部分もありますが、いつぐらいに合否の連絡が来るのかや 他の人はどれくらい選考は進んでいて自分はどの位置にいるのかを把握することができます。
これがわからないと全体図がつかめず、他の企業の選考にも影響しかねないので俯瞰的に見れるかどうかも大事です。

連絡の日程が予想できると、無駄にそわそわしなくて済みますし、 同じ時間経過しても連絡がない場合はすっぱり諦めて次に気持ちを切り替えることができます。

注意事項は次のページで

「【コラム】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)