「私はいじめをしていました」新人の女性アルバイトをいじめていたパート主婦4人。女の子が忘れたメモの内容に衝撃を受ける


以前スポーツ用品店でパートをしていた主婦。

仲の良い主婦友だち4人で勤務していた彼女は、新しく入った18歳の女性アルバイトにいじめをしていた過去を告白しました。

日々エスカレートしていくいじめに、本人たちはもはや何の疑問も感じることはありません。

そんなある日、女性アルバイトが早退した時に忘れた1冊のノートを発見。

その中に綴られていた驚愕の内容に、いじめていた張本人たちは深く反省することになったのです。

逸れていた道を修正してくれた女性の言葉とはどんなものだったのでしょうか。

「私はいじめをしていました」

私は、以前務めていたパート先でイジメをしていました。

とても深く猛省するとともに、自分の大人げなさと未熟過ぎる心を知る事が出来ました…。

もちろん、たくさんの批判を受けて当然の人間です。

地方にある大型のスポーツショップ。

旦那と二人暮らしで、子供はいません。

夫は、町工場に勤務するサラリーマンで、収入もそこまで良いとは言えません。

そのため、少しでも家計を楽にするために私も週2日だけこのスポーツショップでパートをしていたのです。

元々、近所の主婦友達に紹介してもらい働き始めた事もあり、お店には仲の良い主婦友が既に働いていました。

私と合わせて4人の主婦仲間は、普段から一緒に買い物へ行く程仲の良いご近所さんだったので、職場でも楽しい時間を過ごし、有意義に働けていた気がします。

しかし、そこに入って来たばかりの新人が問題に…

まだ18歳という若さではあったものの、とにかく仕事が遅い。

イライラがどんどん募る私達は、次第に彼女をいじめる様になっていました。

その彼女へのイジメが、後に私達の”心境を大きく変える事”になるとは誰も想像出来ませんでした…

イジメと言っても、暴力的な行為をしていたわけでは無く、所謂「パシリ」の様に扱っていました。

「あれ買って来て」

「あれ持って来て」

「肩揉んで」

「残業分片付けておいて」

一切「反抗」しない彼女に、私達は調子に乗って、イジメも徐々にエスカレートしていたと思います。

普段私達の休憩時間中も近くに待機させ、飲み物やお菓子、食事などを買いにいかせては彼女には分け与えず、ひたすら私達が話している内容を部屋の隅っこで座って聞いているだけ。

少なくとも、私が出勤している週2日はこんな状態が続いていました。

そんなある日、体調不良で早退した彼女の事を全員で「仮病でしょー」とあざ笑っていた時…

更衣室のイスに一つのメモ帳が置いてある事に気付きました。

それは、イジメている彼女のメモ帳。

見る気など更々無かったのですが、その表紙を見た瞬間、私は一枚目を捲ってしまいました。

表紙には「業務メモ&先輩情報」と、太い黒マジックで書かれていたからです。

「どうせ、悪口でも書いてあるのだろう」そう思い中身を見てみると、そのメモ帳には彼女の人柄や性格がたくさん詰まっていたのです。

執拗に扱き使われ、弄られている私達4人の全員の好きな食べ物や、嫌いな食べ物、お菓子からスイーツまでもが
事細かにメモされていた。

それだけでは無かったのが、そのメモ張の最後ページには「絶対辞めない!先輩に認めてもらってここで働き続ける!」と、綴られていました。

それを見た私は、頭を強く殴られた様な衝撃を受け、目が覚めました。

この子は、普段私達にイジメられている中でも、しっかり私達の話を聞いて、何が好きなのか、何が嫌いなのかをメモに残し、少しでも私達に気に入られようとしていたのです。

その場にいた、他の3人の主婦もこのメモを見て、言葉を失うとともに、自分達が18歳の彼女よりよっぽど子供で
未熟だった事を知りました。

そして、4人で話し合い、翌日彼女に深く謝罪をするとともに、メモ帳を返す事に。

私達が彼女にした行為は、人格を否定する行為で犯罪者と何ら変わりのない事だと、深く反省しています。

彼女が教えてくれた、”大事な事”で逸れていた道を修正出来た気がします。

私は現在そこのスポーツショップでは働いていませんが、他の3名の主婦友は今も働いています。

そして、私達がいじめていた18歳の彼女は、現在20歳。

立派な若き店長さんになっているそうです。

(本文まま)

もちろんこの女性がしたことは許されることではありません。

しかし女性アルバイトのメモ帳によって、自らの「罪」を認識することができました。

先輩たちによる執拗ないじめにも折れず、真っ向から向き合った女性に心からの拍手を送りたいですね。

そしてこの罪を告白する行為もなかなかに難しい事だったと思います。

生きていくうえで、道を間違ってしまうことはたくさんあります。

しかしその間違いを認め、正していくという事はそう簡単な事ではありません。

それができた投稿者さんもまた、人の気持ちがわかる素晴らしい女性になっていてくれることを願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*