【成長の軌跡】680グラムの超未熟児で生まれた赤ちゃん。両親の願いを受けて懸命に生き続けた現在の姿に感動(※動画あり)

レジック管理人
41465_1

超未熟児
およそ10か月間を母親のお腹の中で過ごす赤ちゃん。
通常は37週からいつ生まれても良い「正産期」となり、体重は「2500g以上」が通常とされています。

そんな中、予定日よりも14週も早く生まれた赤ちゃんがいました。
妊娠23週辺りで生まれてきたと思われるその赤ちゃん。
その体重は驚きの680グラムしかありませんでした。

通常の半分以下の大きさで生まれてきた赤ちゃん。
しかしその赤ちゃんは小さいながらにしっかりと呼吸をし、生きていたのです!!

今回はそんな超未熟児で生まれた赤ちゃんの成長記録をご紹介致します。

超未熟児で生まれた赤ちゃんの軌跡は次のページで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)