【泣いた】狭いケージに閉じ込められた状態で生死をさ迷っていた猫。人間を嫌いながらも幸せを掴む姿に涙


いまだに無くならない人間による動物への虐待。

年間で多くの動物たちが、人間のエゴによって命を落としています。

今回ご紹介する猫も、人間の手によって狭いケージに閉じ込められていました。

痩せ細った身体に栄養失調、たくさんの病気に苦しみ生死の境をさまよっていた猫のエピソードが今話題を集めています。

人とのコミュニケーションをうまく取ることができない猫が、幸せな人生を手に入れるまでの物語です。

ケージに閉じ込められていた猫

アメリカ・テキサス州のヒューストンにあるBARCアニマルシェルターに、1匹の猫が運び込まれました。

まともに餌も与えられず、狭いケージに閉じ込められていたオス猫のサミュエルです。

彼は酷い栄養失調に陥っており、一刻も早い資料を必要としていました。

疥癬にかかり目は腫れ上がり、ほとんど開かない状態のサミュエル。

皮膚は剥がれ、窮屈なケージのせいで身体のあちらこちらに傷を負ってしまっています。

更には高額な治療を要とするほどの、さまざまな病気に苦しんでいたことも発覚したのです。

残酷な環境に身を置いていたサミュエルの命を何とか救いたいと考えたスタッフは、彼の病状をインターネットでシェアし助けを求めました。

回復したものの里親が見つからず・・・

地元で獣医をしているレスリー・レインズさんの元へもこの情報が回ってきました。

そして幸運なことに、レスリーさんが勤める養護施設で治療を受けられることになったのです。

1年という歳月を経て元気を取り戻し、本来の毛並みも戻ってきました。

狭いケージの中しか知らなかったサミュエルは、それから数年かけ「猫らしさ」を学んでから新しい飼い主探しが始まりました。

しかし彼は見知らぬ人には気難しく、新しい里親候補を次から次へと嫌がってはレスリーさんを悩ませていたのです。

これも人間と接する機会が極端に少なかった影響なのでしょう。

サミュエルが気に入る相手が出てこなければ、普通の飼い猫としての生活は送れそうもありませんでした。

運命の出会い

そんなある日のこと、人嫌いのサミュエルは運命の出会いを果たしました。

ブライアン・スミスさんという男性は、13年間共に過ごした飼い猫をがんで亡くした過去があります。

ブライアンさんは猫の扱いやなだめ方がうまく、サミュエルとの相性は最高でした。

そこでレスリーさんは、サミュエルの様子を見ながらブライアンさんとの仲を取り持つことにしました

すると過去に愛猫を亡くしたブライアンさんと、人に捨てられたサミュエルは大親友になったのです。

すでに1年以上も生活を共にし、お互いを癒す存在となってくれたようです。

たくさんの優しい人に囲まれ、九死に一生を得たサミュエル。

これからは自由にノビノビと、第二の人生を歩んでくれることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*