【もう悩まない☆】メイク前にパパッと手入れ♪4つの対策を抑えれば『メイク崩れ』は怖くない!(※画像あり)

レジック管理人
1.フェイスの産毛処理

1

お顔に凸凹があると、そこからメイク崩れは始まります。
ファンデの浮きを予防するために、産毛処理はしっかりと行いましょう。

時々ピーリングなどを使うことで角質が除去され、ファンデが密着する滑らか肌が完成します!

また、産毛処理はメイク前ではなく前日のお風呂上りに行うのがベスト☆
処理後は必ず保湿も忘れずに!

2.保湿後は完璧に冷やす

2

皮脂の多い方は朝しっかりと洗顔することが大切です!
毛穴を綺麗サッパリさせて通常通り保湿、そして更に保湿後は冷やしたタオルで顔を覆ってあげましょう。

顔が火照っている状態ではすぐに毛穴が開いてしまいます。
手が触れてヒンヤリするくらいまでお顔を冷やし毛穴を引き締めてからメイクに取り掛かりましょう!

3.余分な水分はティッシュで落とす

3

たっぷりの化粧水で保湿し、お顔を冷やしたら顔に残った油分をティッシュでOFFしましょう。
ムラなく綺麗にファンデを塗る為に、この最後のひと手間が重要です!

●夏用ファンデに切り替える

4

去年のファンデや冬から使用しているファンデをそのまま使っていませんか?!
ファンデーションは冬には冬に強い物、夏には夏に強い物と季節ごとに切り替わっているのがほとんどです。

これからの季節は夏肌に合ったファンデーションを使用するのがベスト☆
また、リキットタイプを使用している方は薄付きを意識するだけで、だいぶ崩れにくくなりますよ!

【夏用ファンデっていったい何?!】

それでは今どき女子が実際に使っている夏用ファンデを覗いてみますしょう♪

●イヴサンローラン

#イヴサンローラン#タンアンクルドポー#夏用ファンデーション#ナチュラル薄付きでエアリーでめちゃお気に入り????????#YSL

マエ☆ノリ 前田典子 Noriko Maedaさん(@maenorichang)がシェアした投稿 –



●ナリス



●RMK



●KATE



いかがでしたか?!
ファンデーションに季節ものがあったなんて驚きですね!

太陽サンサンの日も、1日中輝くメイクでいられるよう4つのポイントをぜひ実践してみましょう♪
cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事