【衝撃】「虐待してる!」「かわいそう」 愛犬との散歩中に心無い一言、飼い主の悲痛な叫び・・・

b930d8b822dfe8e8275e59526769e884

みんなに知ってほしい真実
犬を飼っている人にとって、愛犬との散歩はとても楽しいものです。また自分は犬を飼うことができないけれど、散歩している犬の姿を見かけると嬉しくなるという人もいるでしょう。

犬たちにとっても、散歩の時間はとても大切で楽しいもの。

けれど、そんな散歩の時間が、心ない言葉で悲しい時間になってしまうことがあります。

Twitterユーザーのasaさん(‏ @nm_032911)は、12歳になるコーギーのなみちゃんと散歩している時「虐待だ!」と言われてしまうことがあるというのです。

一体、なぜ…?

asaさんはそんなご自身の体験から、ある「知ってほしいこと」とTwitterに投稿しました。


知ってください… 1

「愛犬と散歩をしていると見た目から「虐待してる!」「かわいそう」などと言われることがあります。

うちの犬は変性性脊髄症 (DM )という病気です。詳細は省きますが、人間でいうALS(筋萎縮性側索硬化症)に似た病気です。病気の進行により後ろ足をたたせることができません。

家の中では後ろ足を完全に引きずり、前足だけで移動していますが外でそれをやってしまうと コンクリート等で爪や足を削ってしまい怪我の原因になります。」


uploaded

「始めはラバーソックスで爪を保護し、普通に散歩させていましたが、完全に後ろ足を引きずるようになったので介護ベルトに変更。

介護ベルトでの散歩は 後ろ足(お尻)を完全に宙に浮かせて前足のみで進みます。

それが虐待にみえるようですが…そうしないと怪我をしてしまうんです。」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)