【恐怖】「ちょっとした遊び心」だった。男性目線で見た”痴漢についての認識”に驚愕

レジック管理人
キャプチャ

痴漢は犯罪
5月に入り痴漢を疑われた男性が逃走し、死亡する事故が相次ぎました。

■5月12日
JR京浜東北線の電車内で痴漢を疑われた40代の男性。痴漢被害を訴えた女性と東京都・上野駅で下車し、事務室に向かう途中に逃走。
その後、近くの雑居ビル脇で倒れているのを発見され、病院に運ばれたが死亡が確認されました。ビルから飛び降りたと見られています。

■5月15日
東急田園都市線で痴漢容疑で取り押さえられた30代の男性。横浜市・青葉台駅の線路内に降りて逃走中、電車に轢かれ死亡しました。


これらの事件を受けて、SNSでは『痴漢冤罪の恐怖』を訴える声が大きく上がっています。
しかし痴漢冤罪が発生するのは、実際にその痴漢加害がそこにあるからだという現実を忘れてはいけません。

今回は男性達の言葉を失う程の呆れた「痴漢についての認識」についてご紹介致します。

男性目線でみた痴漢被害は次のページで。

「【コラム】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)