【ほっこり】猫嫌いの母を説得できずに新しい飼い主を探すことに。それを知った子猫の壮大な”計画”がスタートする(笑)


ブラジルでクラスステファニーさんは、ある日裏庭から聞こえてくる犬の声に気が付きました。

不思議に思い裏庭のフェンスに近づいたステファニーさんは、そこで1匹の子猫と出会います。

雨で全身を濡らした子猫は、寒さから体を震わせていました。

すぐにこの子猫を保護し、自宅へと連れ帰ったステファニーさん。

それから近所を一軒一軒訪ねて回りましたが、子猫の飼い主を見つけることは出来ませんでした。

子猫と一緒に暮らしたい

ステファニーさんからこの話を聞いた、友人のジュリア・ブリュールさん。

彼女は子猫を引き取りたいと申し出ると、「ルナ」という名前を付けて自宅へ連れ帰りました。

しかしジュリアさんは子猫のことを家族に伝えておらず、家族全員を説得しなければなりません。

その時の様子について、ジュリアさんはこのように語っています。

「私の父はとても猫好きで、いつも猫を欲しがっていたため、すぐに『いいよ』と言ってくれました。

でも母は猫が短気な性格で、冷たい生き物だという固定観念を持っていたため、ルナを家族に迎えることに反対しました」

しかし子猫は既に家に来てしまっているため、しぶしぶ家に入れることに同意した母。

そして子猫に新しい家族を見つけるための期間として、2日間の猶予をジュリアさんに与えたのです。


「ルナは家に着いた瞬間、家の中を探索して、喉を鳴らし始めました。

でも愛犬のクッキーはルナのことを怖がっていました。

そんなクッキーの姿を見た母は、とても不満そうにしていました。」

こうして母の言いつけ通り、新たな飼い主を探すことになったジュリアさん。

ここでルナは新たな家族を手に入れるために、壮大な計画をスタートさせたのです。

ルナの計画

翌朝ジュリアさんの母は、ルナの甘いキスと喉の音で目を覚ましました。

そしてその日は一日中、母の後を追いかけまわして過ごしたのです。

一緒に遊んだり、胸の上で眠ったり、キッチンで料理の様子をじっと見つめ続けたルナ。

何をするにも母にベッタリとくっついて離れなかったといいます。

そんなルナの愛らしい姿が、母親の心を大きく動かすことになったのです。

「母は驚くほど早く、ルナと恋に落ちました。

ルナが来た次の日には、母はルナを手放せなくなっていたのです。

そして母は『うちの家族は全部で5人(ジュリアさん・父・母・クッキー・ルナ)だった気がするの!』と言い始めました。

そのため私は母に言われた通り、2日間でルナの家を見つけることができました!」

愛犬のクッキーも徐々にルナを妹として受け入れ、ふたりはとても仲良しになりました。

「ふたりが仲良くなるまでには少し時間がかかりましたが、現在は一緒に遊んで、一緒に昼寝をしています。

そして、クッキーが父と散歩に出かける時は、ルナが引き止めようと鳴き始めます。」

新たな家族の一員に

家族が何かをしているとき、好奇心旺盛なルナは、決まってみんなのお手伝いをしてくれるのだそう。

「ルナは一日の大半を私達と一緒に過ごし、私達に寄り添っています。

でも時々、驚くほどのエネルギーで家中を元気に駆け回っています。」

パパと一緒にテレビを見たり・・・、

母がノートを出してきたときは注意を引くのが大好き!

ルナが家にやってきてから2ヶ月後、家族全員と仲良しになったルナの姿がありました。

中でも一番の中歳は、最初に反対していたお母さんだそうです。

「母はすっかり猫好きになり、ルナと一緒にいられることに大きな喜びを感じています。

私が家に帰れない時は、いつも母がルナの写真を送ってきます。

そして、ルナがどれくらい可愛いかを嬉しそうに伝えてきます」

こう嬉しそうに語るジュリアさん。

ルナはこれからも大好きな家族に囲まれながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*