【涙腺崩壊】「まだ死にたくない」余命半年を宣告された彼女が生きた証

レジック管理人
byo1

入院生活
皆さんはもし、自分の余命があと半年だと知ったら何をしますか?

今回は余命半年を宣告された女性と、その女性を愛する男性の甘く切ない物語をご紹介致します。

【以下本文】

オレには幼馴染の女の子がいた 小学校・中学校まで病気の為殆んど普通の学校に行けず いつも院内学級で1人でいるせいか 人付き合いが苦手でオレ以外友達は居なかった。

彼女の体調がよく外泊許可中は いつもオレが普通の学校へ送り迎いをして 彼女の体調の変化に対応するようになっていた。

78dbd9b1affb89abad85bf326720ca06

普通は親がやることだが家が隣同士で 母親の職場が同じで家族ぐるみの付き合いをしていたので 彼女の母親はオレに絶対的な信頼を寄せていたんだと思う

(彼女の入院費を稼ぐ為に働いて 彼女自身をおろそかにしなければならないと言う 矛盾した悲しい現実もあった)。

オレはそんな信頼に答えるように幼いながらの正義感を持っていて 学校で茶化される事があったが それは自分に与えられた責任が果たせていると言う確認でしかなかった。

病弱な女性の人生のスタートは次のページで。

「【体験談】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)