【切ない】乱暴な言葉で別れを告げられた私。しかしその後ゴミ箱から発見された日記は彼の溢れんばかりの愛情を語った

レジック管理人
1273_2_150508173227394_700x

日記
大切な人を亡くした時、あなたはその現実とどのようにして向き合っていきますか?

今回ご紹介するのは2年付き合った彼から別れを告げられた彼女のお話です。
別れ際優しい彼が言ったとは思えないほどひどい言葉で最後を迎えた私たち。

しかしそれらの言葉の裏には、たくさんの優しさと愛が込められていたことに気づくのです。

【以下本文】

alone thoughtful sadness girl is sad at the window

2年付き合った彼に振られました。
それはもう、彼が言ったとは思えないほどのひどい言葉で。
どんなにまだ好きだと言っても復縁はかなわず、音信不通になってしまいました。

そんな彼の友達から、彼が亡くなったことを聞き、彼が書いた日記をもらいました。

『入院二日目、昨日は周りのモンがめずらしくて初体験ばっかだったけど、今日からヒマなんだよな~。
こうやって日記つけてみたわけだけど、オレのことだから続かんだろなぁ。

N(私のことです)は今頃元気にしてるかなぁ。
最後傷つけちゃったけど、新しい男でも見つけてくれんかなぁ。』

”彼の別れの意味”は次のページで。

「【体験談】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)