【泣ける】「生まれてきてくれて有難う」生まれてすぐたくさんの管に繋がれた娘と”家族”になった18日間に涙

レジック管理人
【本文ここから】

af9920065783w

親と喧嘩をし、「出て行け」と言われ家を飛び出して6年。

家を出て3年後に知り合った女性と同棲し2年後に子供が出来た。
ものすごく嬉しかった。

母性愛があると同じように父性愛というのもあると気付いた。
子を愛さない親は居ないと言うのも知った。

妻の検診の日は毎回産婦人科まで一緒に行った。
エコーで動きを見た日は遅くまで妻とこの子の名前や性別を考えていた。
初めて聞いた元気な心音に「父さんはおまえの為にがんばる」と誓った。

ea58c2bd5b1ce8cd2c2b05a39f82e3ed-480x323

何も予定日の1ヶ月前に妻が破水をした。かもが順調だと思ってた。


切迫流産の前兆だったそうだ。
妻も元気で何も問題なんて無いと思っていただけにビックリした。

嫌な言葉が蘇った。
「八月子はもたない・・・」

詳しい検査をした時に娘の心音に雑音が混ざっている事が分かった。
母子ともに危険な状態になった為、緊急手術で帝王切開する事になった。

20160502214518

よく晴れた10月に君は生まれた。
最初は小さく泣いたらしい。

けど自発呼吸が出来なかったため、器官に酸素供給するための管を通す事になった。

その後の事は覚えてるけど良く覚えてない。
何処からが現実で何処までが現実じゃないのか。

娘のその後は次のページで。

「【体験談】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)