【泣いた】愛する主人が帰るまで生きられない、余命宣告を受けた愛犬が起こした奇跡


今回ご紹介するのは、とある家族間で起こった奇跡のような愛情溢れるエピソードです。

ラルストン家には11歳になる愛犬、カーミーが居ました。

カーミーは家族の中でも、お父さんのエリックさんが大好き。

しかし2012年3月、エリックさんはグアムへ配置され自宅を離れなければならなくなりました。

8ヵ月後にはまた会える

そう信じていた最中、愛犬カーミーはガンを患ってしまいます。

このままでは二度と会うことも出来ずお別れになってしまうかもしれない・・・。

それでも懸命に生きるカーミーに、更なる不運が重なろうとしていました。

パパに会いたい

カーミーを襲ったのは突然の口腔ガン

これはエリックさんがグアムに行って1ヵ月後のことでした。

その時のことをエリックさんの奥さんはこう語っています。

「私たちはショックでした。

カーミーは私たちにとって初めての子供だった。

だから、エリックが二度とカーミーと会えなくなるなんて思ってもいませんでした。」

エリックさんの帰宅予定は11月。

時間と共に大きくなっていくカーミーのガン。

その病状はご飯を食べることさえ難しくなるほどでしたが、家族は諦めずに懸命に看護を続けました。

しかし、現実は残酷なものです・・・。

エリックさんのグアムでの任務が無期限に引き延ばされてしまったのです。

帰宅するのは予定よりも1ヵ月以上遅い、クリスマスの休暇。

この知らせを聞いた家族はカーミーの具合から考えて、もう1ヵ月ももたないと覚悟を決めます。

しかし、主人を想うカーミーの気持ちが大きな奇跡を生み出したのです。

カーミーが起こした奇跡

クリスマスの数日前に帰ってきたエリックさんを出迎える家族。

なんと、そこには懸命に生き抜いたカーミーの姿がありました。

大好きなパパとの再会に、カーミーは喜びを爆発させ走りだしました。

御飯もロクに食べることができていなかったはずのカーミーでしたが、エリックさんを迎えた時はとても元気な姿に。

カーミーもきっとこの瞬間を楽しみに待っていたのでしょう。

エリックさんと過ごす時間はご飯も食べれるようになったそうです。

2013年1月に12歳の誕生日を迎えたカーミーは、翌月に虹の橋を渡りました。

カーミーは余命宣告よりも7ヵ月も長い期間、パパとの再会を願い頑張って生き抜きました。

家族に愛し愛され、家族の一員として最後まできっと幸せだったと思います。

大好きな人との再会を願い余命宣告を乗り越えたカーミー。

きっと天国へ行っても、家族を見守ってくれているでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*