【心痛】「何故息子が…」飲酒運転の車によって命を奪われた息子。残されたランドセルの中には・・・

IMG_0252

涙が止まらなくなったランドセルの中身
世界中で問題になっている「飲酒運転による交通事故」

年々飲酒運転による検挙率が上がってきており、それに伴って罰則も重いものになってきています。

しかしそれでも残念なことに飲酒運転による交通事故はなくなりません。

飲酒運転をした自分が電柱や木にぶつかるなどの単独事故なら自業自得だという話になりますが、飲酒運転をした車に轢かれて亡くなってしまったという事故もかなり多いんです。

その中で今回ご紹介するのは、飲酒運転の車に轢かれて亡くなってしまった息子さんと、そのお母さんのお話です。

何の罪もない小さな子供の命が奪われた悲しみや辛さが感じられる内容に、私達もまた改めて考えさせられることでしょう。

IMG_0254

以下は母親が語った内容をお伝えいたします。

私は一昨年の9月に大切でかけがえのない最愛の息子を亡くしました。

学校が終わっていつものように下校をしていた時に、昼からお酒を飲んで飲酒運転をしていた車に轢かれ、頭を強く打って即死しました。

実際に今その時の状況を記している今でも涙が出てきます。

今でも悲しい気持ちと犯人に対する憎しみで胸がいっぱいで、今でも泣き崩れてしまうほどの辛い精神状態でもあります。

ですが最愛の息子の死が、今後こういった残酷で悲惨な事故を起こさせないために何か役立ってくれればと切に願っています。


悲惨な事故の状況は次のページで

「【体験談】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)