【感動】小学3年生の教室に迷い込み、共に授業を受ける野良猫。この猫が教室にもたらした大きな変化に心打たれる


トルコのイズミルにある小学校に現れた一匹の野良猫。

とても人懐っこく親しみやすい性格で、この小学校に通う子供たちを見つけては注意を引こうと甘えてきます。

トンビ」と名付けられた猫は、学校の敷地内をブラブラと歩き回っては生徒たちの気を引く生活をしていました。

そんな微笑ましい光景を見かけるようになってから2週間後、トンビはある教室へと迷い込みます。

そこで待ち受けていたのは、自信の人生を変えるような運命の出会いだったのです。

迷い込んだ教室

2週間ほどブラブラしていたトンビが迷い込んだのは、この学校の3年生の教室でした。

その教室では担任のオズレム・ピナー・イヴァスク先生が、33人の生徒に勉強を教えています。

「トンビはある日、私達の教室に入ってきました。

子供達はみんな、彼のことがすぐに好きになりました」

当時の状況をこう語ったオズレム先生。

どうやらトンビも3年生の授業が自分にピッタリと思ったようで、この教室で勉強を受けることに決めたようです。

見事にオズレム先生のクラスの一員になったトンビは、まるで最初からいたのではないかというくらいクラスに馴染んでいきました。

こうして33人+1匹になったオズレム先生の生徒。

この運命の出会いによって「ある変化」が生まれ始めたのです。

トンビがもたらした変化

教室の中でも自由気ままに歩き回るトンビは、子供たちの勉強の妨げになるのではと思うかもしれません。

しかしオズレム先生は、トンビの存在そのものが子供たちにいい影響を与えていることに気が付きます。

お茶目で好奇心旺盛、そして甘え上手。

トンビの自然な姿そのものが、かえって子供たちに「教室は楽しい場所だ」と感じさせているのだといいます。

の結果、子供たちの授業に取り組む姿勢も向上させてくれたのです。

子供たちを熱心にさせてくれたトンビに、オズラム先生はとても感謝しているそう。

「子供達はみんな、学校に時間通りに来るようになりました。

そして、自分達でトンビの世話を始めました。

トンビが来てくれたおかげで、子供達が日々成長しているのを感じます。」

一方、この教室での生活はトンビにとっても素晴らしいものになりました。

これまでのように空腹に耐え続けることもなくなり、安全な場所で眠ることができます。

さらには何十人もの友達ができたことで、寂しい思いをすることもなくなったのです。

オズレム先生はトンビを動物病院に連れて行き、健康のチェックと予防接種も受けさせました。

オズレム先生と子供達はトンビととても上手くやっていましたが、しばらくすると大きな問題が起きました。

引き離されたトンビ

トンビがこの教室に来てからしばらくたったある日の事です。

トンビが教室の中にいることを知った1人の生徒の両親が、学校に「健康被害をもたらす可能性がある」と苦情を言ってきたのです。

そのため学校を管理していた人は、トンビを教室においておくことができないとオズレム先生に伝えました。

それを聞いた子供たちは酷く落ち込み、そしてトンビの心も荒廃しました。

「トンビは新しい家を見つけて、そこで3日間暮らしましたが、彼は幸せではありませんでした。

そして彼は食べることをやめました。

私は彼を自宅に連れて帰りましたが、やはり彼は元気になりませんでした。」

そんなトンビの様子に、33人のクラスメイトは心配し心を痛めました。

そしてトンビを元気づけるために、子供たちは彼に宛てて手紙を書くことにします。

それでも体調が回復しないトンビを心配したオズラム先生は、この悲しい現状をSNSに投稿しました。

するとその投稿を見た多くのユーザーが、トンビのエピソードを拡散し始めたのです。

「トンビの話はテレビのニュースにも取り上げられ、多くの人達が彼を応援してくれました。

またイズミルの教育責任者からも支持を得ました。」

トンビのために多くの人から応援のメッセージが届けられ、ついには苦情を言ってきた両親の気持ちにも変化を与えてくれたのです。

そしてようやく、トンビはあの大好きな友人たちが待つ教室に戻ってくることができました。

「子供達はトンビと再び一緒になれて大喜びしました。

そして、トンビも再び子供達と一緒になれて、元気を取り戻しました」

オズレム先生は笑顔を浮かべ、嬉しそうにこう話してくれました。

再び33人の子供たちと共に学べることになったトンビ。

一部の人にはあまり関心のない話かもしれませんが、この教室で学ぶ33人の子供たちにとっては自分の世界そのものなのです。

そしてトンビのエピソードを通じ、猫が子供たちの成長にいい影響を与えることがトルコ中に広がりました。

現在、トルコ内では野良猫や保護猫達への関心が高まっていて、新しい家を見つけて幸せになる猫達が増えているそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*