【危険】「気をつけて!」子供だけで公園の多目的トイレに入るのはNG!その理由とは?

IMG_0352

公園の多目的トイレは実は危険がいっぱい!
大きい公園のほとんどには多目的トイレといって、やや大きめのトイレが設けられていますよね。

中には赤ちゃんのオムツを替えるための台が設置されていたり、障害を持った方でも利用できるように作られた多目的トイレとなっているところがほとんどでしょう。

こういった多目的トイレには、大体扉の横にランプが設置されているのをご存知でしょうか?

このランプは、もしこのトイレを利用している時に緊急事態が発生した場合、外にいる人たちに助けを求めるために使われます。

このランプは中にある非常ボタンを押すと点灯する仕組みとなっており、緊急事態を伝えるのに非常に役立つものとなっています。

IMG_0354

そこで皆さんは、もしこのランプが点灯していた場合、どのような行動を取りますか?

恐らく大抵の方達はランプの点灯に気がついたら、トイレに行って様子を見に行ったり、誰か呼びに行くかなどの行動を取ると思います。

ですが、Twitterのユーザーである眠気子さんは、このランプについてとある危険を心配する内容を呟いており、その内容が今話題となっているようです。

一見すると「ランプを点灯させて助けを求めているのに、何故危険なの?」と疑問に思うかもしれませんが、これは犯罪に発展する危険性があるという内容だったのです。


ランプの危険性の詳細は次のページで

「【コラム】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)