【緊急速報】小林麻央さん(34歳)死去、壮絶な闘病生活でも笑顔を絶やさなかった彼女が生きた軌跡

979

■最期は自宅で



歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(こばやし・まお)さんが22日夜、都内の自宅で死去した。

34歳。東京都出身。人気キャスターから梨園の妻へ転身し、成田屋を支えていた14年10月、乳がんの告知を受けて闘病中だった。21日に容態が急変したという。

海老蔵は23日午後、公演先の東京・渋谷のシアターコクーンで会見を行う。

海老蔵はこの日朝、ブログを更新。「人生で一番泣いた日です」「お察しください」「なるべくいつも通りに過ごします」などとつづった。

 麻央さんは08年12月にキャスターを務めていた日本テレビ「NEWS ZERO」のインタビューで海老蔵と出会い、10年3月に結婚。

11年7月に長女麗禾(れいか)ちゃん(5)、13年3月に長男の勸玄(かんげん)くん(4)を出産。

幸せな生活を送っていると思われた中、16年6月に海老蔵が会見し、麻央さんが乳がん闘病中であることを発表していた。麻央さんは同9月1日にブログを新設し、闘病の様子や心情、家族への思いをつづり、多くの人々の共感を呼んでいた。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6244353



先月29日に退院したばかりの麻央さん、自宅に帰ったことの喜びを綴った矢先の出来事でした。

若くして乳がんを患い、約2年8ヶ月にも渡った病魔との闘い。

一体麻央さんの身体ではどのような変化がおきていたのでしょうか。



■乳がんを公表した日





乳がんが公表されたのは1年前

そこからの軌跡を振り返ります。


”これまでの軌跡”は次のページで

「【ニュース・芸能】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)