【後悔】「なんでこんな事も出来ないの!」娘に強く当たってしまった時、泣きじゃくる娘のある一言にハッとさせられる

1111116

■決して忘れてはいけない
このお話は、あるお母さんがネットに投稿したエピソードです。

毎日の家事に追われ、子育てに追われ日々の当たり前の幸せに気づく事が出来ない状況にいました。

核家族化が進む現代社会ではなおさらの事ですね。

そんな中、日々の疲れも相まって娘さんに強く当たってしまったという母親。

大泣きし始めた娘が放った一言にハッとさせられたといいます。

当たり前な事だけど決して忘れてはいけない、現在子育て中のお母さんに読んでほしいエピソードです。



■母の後悔と懺悔



この経験は、私にとって強い後悔と反省が入り混じる、心苦しいものです。

しかし忘れてはいけないという自戒と、同じ様な状況にいる人に少しでも共有したく綴っています。


私には3人の子供がいます。

6歳の長女と3歳の長男、 1歳の次男です。


shutterstock_549090334


長女と長男の育児の経験もあり、次男の子育てが一番余裕を持って接せれると思っていたのですが、家庭の事でやることも膨大にあり、正直一番苦労をしながら家事と育児に奔走していました。

旦那にもできる範囲で協力はしてもらっていてとても感謝しているのですが、いつしか段々と余裕がなくなっていって、次第に家庭の中でギスギスとした雰囲気を出してしまっていたように思います。

そんな中、いつしか長女に、たくさんのことを求めるようになってしまいました。



■娘への過度な負担





同じ様な状況にいる人へ

私にとって強い後悔と反省


”母親の後悔”は次のページで

「【体験談】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)