【迷信】「あなたは信じてますか?」日本に伝わっている迷信とその理由とは?

IMG_0668

日本に伝えられている迷信とは
日本には昔からずっと言い伝えられている迷信というものがあります。

皆さんも子供の頃から聞いたことがある迷信もたくさんあると思いますが、何故その迷信が言われるようになったのかって気になりませんか?

皆が聞いたことがあるような迷信については、ちゃんとした理由があるようです。

そこで今回は皆さんが知っているような迷信について、由来やルーツについてご紹介していきたいと思います。

①夜に爪を切ると親の死に目に会えない

IMG_0670

皆さんは「夜に爪を切っちゃダメだよ」と言われたことはありますか?

その理由は「親の死に目に会えないから」というものなのですが、その理由はまだ爪切りというものがなかった時代の頃まで遡ります。

当時は刀や包丁で爪を切るのが当たり前となっており、夜に爪切りをすると薄暗い部屋の中でやることになり、うっかり指を傷つけることも多かったんだとか。

その傷がついた指で農作業などをすることで化膿し、破傷風を引き起こして亡くなるというのがあったことから、親の死に目に会えないくらい早死すると言われるようになったのです。


蜘蛛や霊柩車に関する迷信の詳細は次のページで
cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事