【衝撃】盲導犬の補助器具を外した瞬間、盲導犬が取った行動に考えさせられる


いつも見かけていた盲導犬
獣医と言えども、盲導犬を見る事は、なかなかありません。

それはとても印象的な、それでいて毎日続く、不思議な風景でした。

出会いは、突然やってきました。

ある日、そんな盲導犬の彼が、ひょんな事から私の患者になりました。

盲導犬の管理は非常に厳しく、月に一回の健康診断、爪の確認、

足裏の毛刈り、肛門腺に予防関係に・・・・

とにかく、飼い主さんに危険が及ばないよう、

完璧な状況下で、任務がこなせるように、メンテナンスされています。



もちろん優秀な盲導犬。

爪切りでも自分から足を差し出すほどで、全ての診察は、

非常にスムーズに進みます。

ところがある日、彼の本当の姿を見ることになるのです。

それは、正確に体重を測ってみましょうか・・

と盲導犬の補助器具を、全て外した時の事でした。

豹変した彼・・・。

彼は一目散に、病院を駆け巡りました。  

そして、病院内の看護士、獣医一人ひとりに挨拶をするように、

じゃれて、グルグル回って、伏せをしたと思いきや飛び掛ってきて、

また次の人間のところへ・・・
 

そう、これが彼の本当の姿だったのです。



次のページで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)