【驚愕】エレベーターに5時間も閉じ込められた1人の少年…。しかし彼の行動はとっても冷静なものだった!

■エレベーターに閉じ込められた少年の冷静な行動

中国のマンションのエレベーターが突然故障してしまい、その中には中学3年生の孫軼瀟くんが閉じ込められてしまいます。

まず彼は全フロアの停止ボタンを押します。

これはエレベーターが何かの拍子に落下してしまうのを阻止するためでした。

そしてその後にノートを取り出し、「エレベーターの中に人がいます。管理会社へ連絡をお願いします」と書いた後にエレベーターのドアの隙間から外に出します。

その後はエレベーターの非常用のボタンを押して救助隊へ救助の依頼をしました。

IMG_1812

なんと彼は中学3年生にしてやるべき事を全てやっていたのです。

これだけでもすごいですよね!

その後すぐに管理会社の人と救助隊が駆けつけ、救助作業が始まりました。

しかし作業は思ったより難航してしまい、なかなかエレベーターが開きません。

IMG_1814

救助隊が駆けつけてもなかなかドアが開かず、なんと閉じ込められてから5時間が経過してしまっていました。

いくら冷静に行動をしていた彼も、さすがに不安になっているのでは…と周りも心配していました。

そしてやっとのことでドアが開いた直後、孫君が出てきたのですが、その表情はとても冷静なものでした。

エレベーターで何をしていたのか聞いたところ、なんと彼は「宿題をやっていた」と答えたのです。

5時間もあったおかげで、全ての教科の宿題を終えることができたようです。

IMG_1816

その冷静さに、彼は「冷静男子学生」というあだ名までつけられたんだとか!

エレベーターに閉じ込められるだけで不安なのに、まさかそこで宿題を終わらせてしまうなんて…

彼の冷静さを見習いたいものです…。

「【驚愕・衝撃】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)