狭い檻の中から救出された1頭の熊。身体に巻き付けられているものを見た救出員は言葉を失う・・・。

中国や日本でも古くから漢方として重宝されてきた熊胆(熊の胆汁)ですが、中国には熊から胆汁を採取するための熊胆牧場が国内に多く存在しています。

そこでは胆汁を採取するためだけに多くの熊が飼育され、生きたまま熊胆を採取され続けているのです。

そんな生き地獄のような環境から救出された熊が1頭いました。

シーザーと名付けられたメスの熊は、生涯の半分にも及ぶ時間を狭い檻の中で生きてきたのです。

救出された熊

とある牧場に調査に訪れた動物保護団体「アニマル・アジア」。

彼らが牧場についた時、身動きも取れないような狭い檻に入れられ、身体に食い込むほど小さな金属製のコルセットをつけられた1頭の熊を発見しました。

牧場の劣悪な環境に加え、熊の身体に巻き付けられたコルセットを見た職員はあまりの残虐さに言葉を失います。

このコルセットは熊を生かしたまま胆汁を採取するためのものだったのです。

開いた腹部から管を入れて胆嚢に穴をあけ、胆嚢から胆汁が流れ出るという仕組みになっています。

24時間365日、麻酔もせずこの状態で生かされ続けてきたシーザーの体力的、精神的負担は計り知れません。

「この金属の拘束ベストはこれまで見てきた胆汁採取牧場で行われていたどんな虐待よりも、想像を絶するほどひどいものでした」

あまりにも酷く恐ろしい光景を目の当たりにした職員は、発見時の状況についてこのように語ります。

シーザーがこれほど長い間、この地獄のような環境を生き抜いてきたことだけでも信じがたいことでした。

自由を手に入れたシーザー

アニマル・アジアにより救出された後、シーザーの生活は一変しました。

熊胆を採取するための管は除去され、必要な治療と多くの愛情を注がれながら大切に介抱されました。

保護されてからは、成都市にある自然保護区で暮らしているというシーザー。

ここに保護されてきた熊は全員が元気になるわけではなく、命を落としてしまう熊も多数いるそうですが、幸いシーザーの健康状態は回復し、何よりも生きる希望を取り戻しているのだそう。


「シーザーの傷は今ではほとんど消え、びっくりするほど美しく勇猛な熊になりました。

270キロを越える巨体に成長したシーザーは、今や筋肉ムキムキのレディです!」

本来の美しい毛並みを取り戻し、元気に遊びまわる姿が見られるようになったといいます。

自然を経験したこともなく、これから自然に戻ることもできないシーザー。

しかし保護区ではお気に入りの水浴びや日光浴もでき、何不自由ない生活が保証されています。

秋になって気温が下がってくると、冬ごもり用なのか園内のいたるところで盛大に穴を掘り始めるそうです。

違法な熊胆牧場

中国では熊の胆汁を採取する牧場が違法となった今でも、約1万頭もの熊がシーザーと同じように劣悪な環境で苦痛な生活を強いられています。

今回のシーザーの保護・救出の一部始終はインターネットを通じて全世界へ広まり、熊胆牧場に対する世間の認識を高めるきっかけとなりました。

中国国内でも動物保護の意識が芽生え始め、援助する団体や批判する声も出てきているそうです。

アニマル・アジアではこうした熊を救うためにあらゆる手を尽くしています。

直接的な救出はもちろんですが、世論の高まりによってこうした牧場が将来完全になくなること。

捕われている熊たちが地獄のような環境から解放されること。

そしてこれ以上このような熊が生み出されないことを願っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*