「世界がもし100人の村だったら」人口を100人に縮小することによって見える世界の問題に深く考えさせられる

私たち日本人には深く馴染みのない貧困や飢え、そして戦争。

世界には住む家も屋根もなく、着る服もなく、食べるものもなく、命を脅かされている人が多く存在します。

その現状を訴えるべく話題となった「世界がもし100人の村だったら」というチェーンメールをご存知でしょうか。

2001年前後から世界に広まり、日本では書籍として出版されるなど大きな話題を集めました。

道徳教育の資料としても使われるこのチェーンメールは、世界で実際に起きている問題を浮き彫りにし私たちに訴えかけています。

「世界がもし100人の村だったら」


もし 現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、
全世界を人口100人の村に縮小するとしたらどうなるでしょう。

その村には・・・・
57人のアジア人
21人のヨーロッパ人
14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます。

52人が女性で
48人が男性です。

70人が有色人種で
30人が白人

70人がキリスト教徒以外の人たちで
30人がキリスト教徒

89人が異性愛者で
11人が同性愛者

6人が全世界の富の59パーセントを所有し、その6人ともがアメリカ国籍

80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません
50人は栄養失調で苦しみ
ひとりが瀕死の状態にあり、ひとりは今、生まれようとしています
ひとり (そう、たったひとり) は大学の教育を受け
そして ひとりだけがコンピューターを所有しています

もしこのように縮小された全体図からわたしたちの世界を見るなら、
相手をあるがままに受け容れること、 自分と違う人を理解すること
  そして そういう事実を知るための教育がいかに 必要かは火を見るより明らかです。

また、次のような視点からもじっくり考えてみましょう。

もしあなたが今朝、目覚めた時、健康だなと感じることが出来たなら・・・
あなたは今週生き残ることのできないであろう100万人の人たちより恵まれています

もしあなたが戦いの危険や、投獄される孤独や、獄門の苦悩、
あるいは餓えの悲痛を一度も経験したことがないのなら・・・・・
世界の5億人の人たちより恵まれています

もしあなたがしつこく苦しめられることや、逮捕、拷問または死の恐怖を
感じることなしに教会のミサに行くことが出来るなら・・・・
世界の30億の人たちより恵まれています

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上には屋根があり、寝る場所があるなら・・・・
あなたはこの世界の75パーセントの人々より裕福で

もし銀行に預金があり、お財布にもお金があり、家のどこかに小銭の入ったいれ物があるなら・・・・・
  あなたはこの世界の中で最も裕福な上位8パーセントのうちの一人です

もしあなたの両親がともに健在で、そして二人がまだ一緒なら・・・・・それはとても稀なこと

もしこのメッセージを読むことができるなら、あなたはこの瞬間 2倍の祝福を受けるでしょう。
  なぜならあなたのことを思ってこれを伝えている誰かがいて、
その上、あなたは全く文字の読めない世界中の20億の人々よりずっと恵まれているからです

昔の人がこういいました。
わが身から出づるものはいずれわが身に戻り来る、と。

お金に執着することなく 喜んで働きましょう
かつて一度も傷ついたことがないかのごとく 人を愛しましょう
誰も見ていないかのごとく 自由に踊りましょう
誰も聞いていないかのごとく のびやかに歌いましょう
あたかもここが地上の天国であるかのように 生きていきましょう

このメッセージを人に伝えてください、そしてその人の一日を照らしてください。

アメリカの友人からのメッセージ 3.2001
作者不詳
訳 なかのひろみ

「村の現状報告」

このチェーンメールは、アメリカ・イリノイ州出身のドネラ・メドウス教授が1990年に発表した「村の現状報告」と題された小文が元になっています。

元々は人口「1000人」に縮小した小文でしたが、、人々に広まっていくにつれ添削や加筆が加えられ「100人」になったものだと言われています。

そのため「世界がもし100人の村だったら」には他にも様々なバージョンが存在しており、結びの文章や細かい点に違いがあるようです。

そして今回ご紹介したバージョンはアメリカ、ワシントン・DCで世界銀行に勤務していた中野裕弓さんという方が元同僚から受け取ったチェーンメールを日本語に翻訳し、日本へ広まっていくきっかけとなったものです。

中野さんはこのチェーンメールを受け取った当時をこのように振り返ります。

「わたしがこのメッセージを見て最初に思った“地球が手のひらにのったような”身近な感覚に共鳴された方も多いことでしょう。

世界を遠いものと考えず、手のひらにのせて自分は何ができるかを考える、そんなきっかけになったのではないでしょうか。」

今現在も地球上のいたるところで、辛く苦しい思いをしている人、健康や命を脅かされている人がいます。

その問題をより身近なものとして感じられるチェーンメールを通し、自分にできる事は何なのかを深く考えさせられました。

悲しいことですが今すぐにそれらの問題をどうにかすることは誰にもできません。

まずはこの地球上にいる一人一人の意識や関心を高めることが、何よりも大切な事だと感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*