【感動】「おばあちゃんの最期はおじいちゃんの腕の中でした」おばあちゃんの納骨の時におじいちゃんが墓前で言った言葉とは?

■おばあちゃんが亡くなった後のおじいちゃんの様子

おばあちゃんが亡くなった数年後、おじいちゃんは100歳の誕生日を迎えようとしていました。

毎日楽しく生きていたおじいちゃんのその後も漫画になっていました。

B2B40B9A-7C3C-4CCC-B539-7D27A4E0BBD8-4409-0000101F3C76A35A

DC7E0EC2-1DE2-4B8D-8578-D0A89EA6CA4A-4409-0000101F4069B546

B0263582-A032-455C-8BE4-79946A3E55C9-4409-0000101F44F6DB14



100歳を目前にしたおじいちゃんは、なんと自分の100歳のお祝いをプロデュースするほど活発的でした。

しかし100歳まであと1週間というところで、おばあちゃんの元へ旅立っていきました。

お葬式の数日後に届いたお祝いグッズを見て切ない気持ちもあったようですが、笑いも出てきたんだそうです。

きっとおじいちゃんの生きた時間というのはとても素晴らしいものだったのでしょう。

「いつか2人に会えたらまたおばあちゃんのお漬物とお茶を飲みながらたくさんお話をしたい」と話していた投稿者さん。

感動的で、どこか心温まる素敵なおじいちゃんとおばあちゃんでしたね。

「【体験談】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)