【泣いた】「人々を助けたい」21年間”空き瓶”を拾い続ける62歳の女性。そんな彼女が毎日足を運んでいたのは・・・


みなさんは「デポジット制度」というものをご存知でしょうか?

商品を販売する際、本来の金額に「預り金(デポジット)」を上乗せして販売する制度です。

そしてその容器を返却すると、預けていた分の金額が返却されるシステムになっています。

これは空き瓶や空き缶の回収率を上げるために制定され、時には生活に困窮した人の助けにもなるのだとか。

そしてkん回そのデポジット制度を利用し、21年間”あること”を続けている女性が話題を集めました。

彼女は21年間空き缶や空き瓶を回収し続け、それを持ってある場所へと向かっていたのです。

21年間空き瓶を拾い続ける女性

デポジット制度が導入されているカナダで、21年間空き瓶などの回収を続けている女性、シア・トランさん。

62歳の彼女は、たとえ外が寒い日でも、真夏の暑い日差しの中でも空き瓶拾いを止めようとはしません。

彼女の子供たちは引き留めますが、シアさんはある想いを胸にその行動を諦めることはありませんでした。

シアさんは、冬場よりも夏場の方が空き缶が多いので、拾い集めるのが楽だと言います。

そして持ち運びの事を考え、軽い空き缶を優先的に回収しています。

というのも、シアさんは基本的に徒歩で移動しなくてはならないためです。

以前バスを利用しようとした際、バス運転手に「そんな量のビンは持ち込めない」と断られてしまったのだそう。

それでもシアさんは回収した空き瓶などを抱え、片道45分、冬場だと1時間半もの時間をかけてとある場所へと足を運んでいるのです。

いったいなぜこのような大変な思いをしてまでその場所に通っているのでしょうか。

「人々を助けたい」

ほぼ毎日のようにシアさんが通い続けていたのは、B.C. Cancer Foundation(ブリティッシュコロンビア州ガン協会)のオフィスでした。

そこで毎日空き瓶などを回収して得た現金を寄付していたのです。

「ここにいるみんなが好きで、助けになりたいんです」

笑顔で職員にそう語ったことがあるというシアさん。

この寄付を始めることになったきっかけはシアさん本人も忘れてしまったそうですが、「理由は分からないけど、みんなが幸せになれば自分も幸せな気分になる」と語りました。

今では職員の方々もシアさんが来るのを楽しみにしているそうで、彼女の笑顔に悲しい気持ちも消えてしまうのだとか。

この21年間で集まった寄付は、日本円でおよそ200万円にも上るといいます。

しかし職員にとってはお金も大切ですあg、何よりもシアさんの人々を助けたいという優しさや気遣いに満ちた心なのでしょう。

暑い日も寒い日も、顔も見たことない誰かのために空き瓶を回収し続けるシアさんの心に言葉も出ません。

これからも身体に気を付けていつまでも元気なシアさんでいてほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*