【泣いた】「がんばれば、幸せになれるよ」小児がんと闘った少年が遺した言葉の数々に胸が熱くなる・・・

612

「がんばれば、幸せになれるよ」
2007年に出版された本、「がんばれば、幸せになれるよ」

小児がんと闘いこの世を去った少年が遺した言葉の数々がつづられています。

病床にありながら家族への思いやりを忘れず、辛い治療に耐え生きることを決して諦めなかった9歳の少年の、優しく力強い言葉の数々に多くの人が心を打たれました。

1992年、神奈川県に生まれた山崎直也くん。



彼に病魔が襲い掛かったのは5歳のとき。

『ユーイング肉腫』と呼ばれる悪性のガンでした。

10万人に1人に発症すると言われ難病指定されているユーイング肉腫。

骨のがんであるために転移しやすく、再発を防ぐために強い放射線と抗がん剤での治療が必要でした。

手術にて腫瘍を取り除いた後も、抗がん剤治療による副作用でつらく厳しい日々を送っていた直也くん。



一時投稿の許可も出た直也君でしたが、再発しついには寝たきりの背活を余儀なくされました。

そんな直也くんをいつもそばで支えていたのは、母親の敏子さんでした。

わが子の苦しむ姿をいつもそばで見ていた敏子さんは、ある日直也くんにこう語りかけます。

「代われるものなら代わってあげたい」

ところが、その言葉を聞いた直也くんは母に向かって思いもよらない言葉を投げかけたのです。



続きは次のページで→

「【泣いた】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)