【閲覧注意】中世のヨーロッパで実際に使われていた、歴史上最も残酷な拷問・処刑方法14選

elizabeth-bathory

実際に行われていた拷問
中世のヨーロッパなどでは今の時代では考えられないような拷問や処刑が行われていました。

それは見せしめのためでもあり、処刑される者をより苦しめるためのものでもありました。

今回はそんな歴史上の残酷な処刑や拷問の数々を紹介します!



ファラリスの雄牛



炎

古代ギリシャにファラリスの雄牛と呼ばれる処刑装置が存在していました。

処刑者の この像は真鍮という材質でできており中は空洞になっています。

この装置ファラリスの雄牛に開けられた穴は、処刑者の叫び声が増幅されるという目的がありました。


”ファラリスの雄牛”は次のページで→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)