【閲覧注意】中世のヨーロッパで実際に使われていた、歴史上最も残酷な拷問・処刑方法14選

ファラリスの雄牛



ファラリスの雄牛

古代ギリシャで行なわれていた処刑ファラリスの雄牛。

この処刑装置の中に処刑される者が入れられ、外側から火であぶりました。

焼き殺されるまでの間、装置に開いた穴から処刑者の叫び声が響き渡りました。



串刺しの刑



槍

15世紀ごろに行なわれていた串刺しの刑。

この刑によって処刑者は約3日間かけて死んでいったそうです。

その怖ろしい串刺しの方法とは・・・?


”串刺しの刑”は次のページで→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)