【泣いた】「犬を飼うということ」20年間苦楽を共にした愛犬の死・・・最期の瞬間まで寄り添い続けた2人の絆

aa6008b309b3ecfa86924cd469f9f37a

苦楽を共にした愛犬との別れ
犬を飼うということ。

1つの命を預かり、大切に、愛情をもって最期の時まで一緒に居てあげる責任と覚悟が必要なことです。

成長を見守り、共に生活し、時には叱り、大いに甘やかし、彼らは少しずつ成長し、大人になり、そしていずれ老いていきます。

私たち人間と比べると、あまりにも短く儚い命です。

気がつけば自分の愛する動物は、あっという間に年老いていて、 別れが近づいていきます。

愛情を持てば持つほど、動物との別れは辛く、悲しいものです。

今回ご紹介する2人もまた、最期のその時まで傍にいることを誓い、強い絆で結ばれていました。



続きは次のページで→

「【エンタメ】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)