【称賛】「いじめの発見数が多すぎる」と県に呼び出された市の教育長。そこで放った”一言”に市民から称賛の声


現代の教育現場で切っても切れない「いじめ」の問題。

いじめが原因で命を絶つ子供たちもおり、学校側の真摯な対応が求められています。

しかしたびたびニュースで取り上げられるのは、学校側による不適切な対応。

時には「いじめなどなかった」と、事実をもみ消されてしまうケースすら存在するのです。

そんな中、Twitterに投稿されたある投稿が話題を集めています。

「いじめの発見数が多すぎる」

Twitterユーザーのぽんた(@Pontamama12345)さんが、ご自身が暮らす市の教育長のエピソードを投稿したところ称賛の声が集まりました。

その投稿がこちら。

まさにぐうの音も出ないほどの正論!

子供たちに向き合っているからこそのエピソードに、ユーザーからは称賛の声が上がっています。

「すべて報告し、全員で動く」

職員が一丸となっていじめに向き合っていくという、まさに理想の姿ですね。

この考え方が日本中に広がってくれることを、心から願うばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*