【共感】「人見知りと言うのは失礼」星野源さんの持論に共感の声が続々!

3D7908B9-09FC-4CE9-9DFB-615E1929CB41

星野源さんの持論に共感した人が相次いだ!
数々の曲を作ったり、ドラマに出たりと幅広い分野で活躍している星野源さんは、あるテレビ番組で「人見知り」について語っていました。

星野源さんは20代の頃、自分を「人見知り」と言っていたそうなのですが、なぜ人と話すことが好きなのに人見知りなんて自己紹介しているのかと疑問に思ったのだそうです。

人見知りというのは言い換えると人間に備わっている警戒心のことなので、人見知りなのは悪いことではなくても悩んでいる方は意外と多いようです。

しかし、ある時星野源さんは「人見知り」という言葉に疑問を持ち、とある考え方をするようになりました。

3D7908B9-09FC-4CE9-9DFB-615E1929CB41

昔の星野源さんは人とコミュニケーションを取るのが苦手で悩んでいて、「人見知り」という言葉がとても良い言葉だと思っていたそうです。

「自分は人見知りなんです」という文は便利だなと思っていたそうなのですが、実はこれは「コミュニケーションが苦手」という現実から目をそらしているだけと感じるようになったのだそうです。

星野源さんは「僕は元々人が好きなのに、人見知りなんて言ったら相手に気を遣ってほしいと言っているようなものだ」と感じたのです。

そしてそれは相手にとっても失礼に当たるという持論を語っていました。

その持論について世間からも共感の声が寄せられました。







人見知りという言葉はよく使われる言葉ですが、捉えようによっては相手に不快な思いをさせることがあるということを改めて実感させられますね。

今でも芸能界で活躍している星野源さんは、このように人に対して細かい気遣いができているからこそ、多くの人に愛されているのでしょう。

改めて人見知りという言葉について深く考えさせられる持論でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)