【衝撃】行方不明のなって死亡したと思われていた娘・・・10年後に意外な場所で発見される!?

A355E802-B985-46E9-BEA7-BC16124D3083

10年前に行方不明になって死亡扱いだった娘が発見された場所とは?
中国の浙江省で驚きの出来事が起こりました。

今から10年前に、ある家庭で当時14歳だった「Xiao Yun」さんが行方不明になってしまったのです。

家族はもちろん、警察も必死に捜索したのですが、残念ながら彼女を見つけることができませんでした。

なかなか見つからなかったことから、警察の方でも「もしかしたら何かしらの事件や事故に巻き込まれて亡くなってしまったのではないか」と思うようになり、行方不明者リストの中にある死亡リストに名前が書き加えられました。

しかしこの事件が10年経った頃、なんとXiaoさんは元気な姿で発見されたのです!

A355E802-B985-46E9-BEA7-BC16124D3083

この時のXiaoさんは24歳になっており、インターネットカフェで定期的に行われている公安当局の抜き打ち調査で発見されたのです。

一体この10年もの間、彼女はどう過ごしていたのでしょうか…彼女はそのことについてこう供述しました。

【私は10年間ネットカフェを転々としながらゲームばかりしている生活をしていました。
寝る時はネットカフェ、お風呂に入る時は銭湯を利用していました。
食事は顔なじみになった人たちからの差し入れを食べていたけれども、収入が欲しかった時はネットカフェでレジのアルバイトもしていた】


と話していたのです。

369A09B5-2388-4D4C-9F19-2501FCDDC119

死亡していると思われていた娘が生きていたということを知った母親はすぐに警察署へ駆けつけ、後にこう語りました。

【私たちは娘が死亡したと言われていても希望は一切捨てませんでした。
いつか娘から電話がかかってくるのではないかと信じていたので、携帯の電話番号もずっと変えないでいました。
もう24歳ですから思いっきり叱ることもないかもしれませんが、元々は私が短気で頑固な性格だったから思春期の娘を激しく叱ってばかりいたのです】


と語っていたのです。

実際にXiaoさんは両親と口論をしたことをきっかけに家出をして、ネットカフェで自由に生活をしており、ずっとゲームにハマっていたんだそうです。

両親としては娘が生きていたということだけでも嬉しいことだったでしょう。

でも親としては何歳になっても子どもは子どもなのです。

例え24歳になっていても、やはり心配させていたということを知っておいてもらう必要はあるのではないかと思います。

こういった出来事があったと知ると、両親が悲しむような行動はしないように心がけていきたいと改めて思いますね。
cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事