【賞賛】「世界中から飢餓を無くしたい!」スターバックスが売れ残った商品の100%を飢餓で苦しむ人へ寄付する活動が話題に!

AB2ADAA0-48A9-4DFA-BB56-C46605199AC7

スターバックスが廃棄0へ!その素晴らしい活動とは?
日本でも多くの店舗を構えるコーヒーチェーン店のスターバックス。

今回アメリカにある7,600店舗のスターバックスから売れ残った商品を100%飢餓に苦しむ人に提供すると発表しました。

実は今、アメリカでは7人に1人、約5,000万人の国民が飢餓に苦しんでいるという状態なのですが、その一方で年間3,100トン以上の食品が廃棄されているのです。

その現状を知ったスターバックスは、少しでもこの状況を打破しようと、2010年から飢餓救済団体である「フードバンク」の食品供給ネットワークを使うことにしました。

そのフードバンクを使って、パンなどの食品を定期的に提供していたのです。

B7EA0322-985D-4400-A01F-02B0C94215C5

ただ食品を提供すると言っても、生鮮食品などは衛生面の問題で提供することができず、やむを得ず廃棄しなくてはなりませんでした。

そこでスターバックスは、生鮮食品を含めて廃棄物を0にしたいと考え、「FDC」や「FEEDING AMERICA」といった飢餓の支援を行っている慈善団体とも提携することになりました。

その結果、スターバックスはこれらの団体と連携して、効率的に食品管理をしていく方法を見出しました。

そして生鮮食品を含む全ての商品を衛生的で且つ美味しさや栄養がそのままの状態で、必要としている人に提供することができたのです。

232806DF-B52A-4F4D-BB77-3C74DDEB7068

様々な団体と提携して売れ残った商品の100%を寄付することができるようになったスターバックスは、アメリカの店舗から食品を集めて飢餓に苦しむ人の支援をし続けています。

これまで500万食もの食品を提供しており、今後は2021年までに活動の幅を広げていき、5000万食の提供を可能にしたいとのこと。

日本でも食品の廃棄については問題視されており、この食べ物が飢餓に苦しむ人に届けられたらいいのに…と思うことは多々あります。

このスターバックスの活動を見ると、それは不可能なことではないということがわかりましたね。

日本でもスターバックスのような活動が広まっていくと良いなと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)