【感動】人から助けを頑なに拒否する犬の後を追ってみるとそこには・・・。「種族を超えた愛」に思わず涙


トラックの運転手をしているダンさんという男性は、ある日道路わきに小さな野良犬がいることに気が付きました。

そこは車が猛スピードで行き交う幹線道路。

犬の身に危険が及ぶことを心配したダンさんは、道路脇に車を止め、犬のそばへと駆け寄ります。

誰かに捨てられたと思われるジャック・ラッセル・テリア犬は、近寄ってくるダンさんに気が付くと激しく吠え、まるでダンさんの助けを拒んでいるように見えました。

そして何かを伝えようとしているのか、森の中へダンさんを誘導し始めたのです。

辿り着いた先には

犬の誘導に従って後をついていったダンさん。

そこでダンさんは、思いもよらない光景を目の当たりにします。

犬が誘導した先に、茂みの下にひっそりと座って誰かの助けを待つウサギの姿を見つけたのです。

ダンさんがペット用と思われる真っ白なウサギを抱きかかえると、ようやく犬は落ち着きを取り戻し、ダンさんの車へ乗り込んでくれました。

ダンさんは保護した犬に「ハイウェイ」、ウサギには「インターステイト(州間ハイウェイ)」という名前を与えました。

そして地元の救護団体へと2匹を連れて行ったダンさん。

ところが残念なことに、ウサギの引き取りは拒まれてしまったため、特別なきずなで結ばれた2匹はここでお別れをすることになってしまいます。

その後、別の保護団体に保護されたインターステイト。

犬のハイウェイは新たな家族にひきとられましたが、インターステイトはいまだに愛してくれる家族を待ち望む日々を過ごしています。

インターステイトを保護してくれた団体の体表者は、今回の出来事についてこのように語りました。

「犬のハイウェイとうさぎのインターステイトは、ずっと森の中でお互いを支え合って生きて来たのでしょう。

どれくらいの長さそうしてきたかは、誰にもわかりません。

うさぎのインターステイトは本当にラッキーです。

犬のハイウェイに助けの手が差し伸べられた時、ハイウェイは自分だけが助かることを嫌がり、インターステイトの元まで人間を連れて行ったのですから!」

ハイウェイがとった行動は、私たちに大きな驚きと感動を与えてくれました。

動物が持つ深い愛情は、本当に計り知れませんね。

残念ながら2匹はお別れしてしまいましたが、これからは怯えずに安心して暮らせる居場所が見つかることを祈らずにはいられません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*