【驚愕】あの名画から20年・・・。映画「タイタニック」に出演したキャストの現在まとめ

ローズ・デウィット・ブケイター:ケイト・ウィンスレット



ローズ・デウィット・ブケイター ケイト・ウィンスレット

英国人であるケイト・ウィンスレットさんは、かわいいだけの女の子の役は避けてより小悪魔っぽい少女の役を好んできたといいます。

『タイタニック』後の彼女は、義理の娘たちを連れて1970年代のモロッコを旅する若いシングルマザーの役で『グッバイ・モロッコ』(1999)に出演しました。

また『ホーリー・スモーク』ではオーストラリアの奥地でだまされて“脱洗脳”セッションをする熱心な信者の役を演じスピリチュアルな映画にも挑戦しました。

彼女はアカデミー賞に2016年現在で7回ノミネートされており、『愛を読むひと』(2009)で主演女優賞を受賞しています。

2012年には演劇への貢献が認められた人物に贈られる大英帝国勲章を受賞しています。



キャルドン・ホックリー:ビリー・ゼイン



キャルドン・ホックリー

ビリー・ゼインさんはローズの婚約者、キャルドン・ホックリーを演じました。

彼は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989)のマッチ役でおなじみですよね。

第二次世界大戦を描いた映画『メンフィス・ベル』(1991)では爆撃手を演じ、デヴィッド・リンチ製作のテレビドラマ『ツイン・ピークス』にも度々出演しています。


”キャルドン・ホックリー:ビリー・ゼイン”は次のページで→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)