【考える】「停車してから席をお立ちください」とバスの運転手さんが何度もアナウンスする本当の理由がこちら!

288E4F3C-BAC0-43FC-A769-5932879B492D

バスで何度も停車してから席を立つようにアナウンスする本当の理由
バスを利用している時に必ず耳にするのが「バスが停車をしてから席をお立ちください」というアナウンスですよね。

これは皆さんもご存知のように、乗客の安全のためにアナウンスをしているものです。

特に混雑している時は「早く降りなきゃ!」と思って急いで席を立ってしまいまいがちですが、バスは停車するまで何が起きるかわかりませんし、突然急ブレーキをかけることもあります。

その時に怪我をしてしまう可能性があるので、バスの方でも何度もアナウンスをしています。

でもそうなってくると、中には「怪我をしたのは自分のせいだし、バスの運転手さんのせいにしなければ良いんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、いくら自分が勝手に席を立ったことで怪我をしたとしても、バスの中で怪我をしてしまったら、それはバスの運転手の責任になってしまうのです。



なんとバスの車内で怪我するようなことが起きた場合、警察を呼ばなくてはならなくなり、運転手さんには違反点数が加点され、最悪の場合は刑事罰による罰金を支払わなくてはならなくなってしまうのです。

これは乗客が勝手に席を立った場合も同様で、どんな理由があろうとも運転手の責任になってしまいます。

そのため、バスの方からも「停車するまで席を立たないように」と何度もアナウンスをするのです。

いくら運転手さんに迷惑をかけなければ良いと言っても、法律はそれを許してくれません。

バスの運転手さんに被害を及ばさないためにも、しっかりとマナーを守ってバスの利用をしていきましょう!

「【コラム】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)