【賞賛】枕投げで盛り上がるグループの中には喘息持ちの子が・・・。部屋を出ようとする同級生のために取った彼らの行動に賞賛の声

7C052739-ECB3-44A2-A664-67D2C3AC6BEE

修学旅行で枕投げをしようとしたら喘息持ちの子が部屋を出て行こうとした…
修学旅行は学校の友達とお泊まりができて、いつもとは違った夜を過ごすことが出来てワクワクしますよね。

そんな修学旅行の夜の定番の遊びとして「枕投げ」がありますよね!

親もその場にいないので、ついつい友達と盛り上がって先生に注意されてしまった…なんていう経験をしたことがある方もいらっしゃると思います。

そんな中、Twitterユーザーのゴリラの佃煮inカサ子(@asutalt)さんが、枕投げについてある体験をしたという内容を投稿しました。

その内容がこちら!



当時カサ子さんも、皆で枕投げをしようとしたのですが、同じ部屋に喘息持ちの子がいたのだそうです。

その子は発作が出てしまうので、部屋の外に出ようとした時、皆は枕投げを止めて、皆でババ抜きをすることになりました。

しかも皆が鬼のようなポーカーフェイスを意識し、手以外は動かさないで楽しんでいたんだそうです。

その結果、その子は喘息の症状を起こすことなく、部屋の中の皆が楽しい時間を過ごすことが出来ました!

この投稿を見た人達からは…







と賞賛の声が寄せられていました。

喘息持ちの子も一緒に修学旅行の楽しい夜を過ごすことが出来て本当に良かったですね!

そして心優しいクラスメイトにもほっこりします。

相手のことを思いやれることというのは、本当に素晴らしいことですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)